SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day 2009特集

コンバージョンアップの裏ワザ
セキュリティ活用が儲けにつながる【MarkeZine Day 2009】


 SEM、LPO、EFOなどひと通りの施策は打ったが、なかなかコンバージョン率が上がらない。しかし、広告やコンテンツに予算も投下できず、と嘆いているWeb担当者の方は多いのではないだろうか。そのような方はセキュリティ視点でのコンバージョン対策を考えてみてほしい。先日開催されたMarkeZine Day 2009では、日本ベリサイン SSL製品本部 上席部長の平岩氏から、コンバージョン向上の裏ワザが披露された。【バックナンバー】

セキュリティ対策でコンバージョン率アップ

 登壇した平岩氏は「今まで、セキュリティの観点からしかSSL(Secure Socket Layer)をお話しする機会がなかったのですが、最近新しいSSL証明書が出てきた中で、売り上げあるいは会員数、メンバーシップの数が上がりましたよというケーススタディが出てきました。日本での事例も交えてセキュリティとマーケティングのつながりをお話していきたいと思います」と切り出した。

 例えば訪問者が1万人いて、申し込みのフォームに記入する人が500人、実際に購入する人が25人のサイトがあったとする。この購入する人を倍にするためにどんな施策があるかとイメージすると、広告を投入して訪問者を倍にすることで実現する方法が思いつくが、この効果は一時的であると平岩氏は指摘する。同社のセキュリティ対策によるコンバージョン率向上の事例は、訪問者を増やすことに費用をかけるのではなく、購入のコンバージョン率が上がったもので、さらにそれは持続性があるとした。

日本ベリサイン株式会社 SSL製品本部 上席部長 平岩義正
日本ベリサイン株式会社 SSL製品本部 上席部長 平岩義正

ネットショッピングとセキュリティの関係

 続いて平岩氏は、ネットユーザーの動向からネットショッピングの動向とセキュリティの関係について説明をした。「最近はインターネットで買い物をする人は増えているものの、一部、購入を控えるお客様もいます。総務省データでは、クレジットカード番号の流出や、企業に対する信頼、個人情報保護の問題により、ネットで買い物をしない人がいる」とした。またインターネットバンキングのユーザーは、SSLに対応していることや有名企業であること、プライバシーポリシーの提示があることを重視しているという独自の調査結果を示した。

 一方、ネットで買い物する理由は、営業時間を気にしなくていい、移動時間や交通費がかからない、珍しいものが購入できる、商品が比較しやすい、価格が比較しやすいといったインターネットの利便性を強調したものとなっているという。平岩氏は「ネットで買い物をする人は増加傾向ですが、一方でセキュリティ面で不安を感じている人がまだいるのも事実です。これらの不安を払拭することができれば、ネットで買い物をする人は今後も増加していくでしょう」とセキュリティの重要さを話した。

 インターネット利用者の不安は、フィッシング詐欺などのインターネットのセキュリティに関する事故報道から受けるイメージもあるが、実際に被害にあうユーザーも多いのではないかと平岩氏は話す。このほか、DNSキャッシュポイズニングやSEOポイズニングなど、偽サイトへ誘導する手口や、IDやパスワードの乗っ取りなど、ユーザーの不安は絶えない状況であるとし「正しいサイトであることを見分けやすくし、お客さんの不安を積極的に解消することが企業の姿勢だとも考えます。ではどうやってということになりますが、これが私の考える1つの仮説です」持論を展開した。

【特別PDFをダウンロード】

セキュリティを活用したコンバージョン対策で、トレンドマイクロ社のコンバージョン率は8.4%向上、オイシックス社のコンバージョン率は16%向上しました。詳細は、「コンバージョン率向上を生み出すEFOの決めの一手とは?」をダウンロードしてご一読ください!

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
信頼感がコンバージョンへ転換させる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZine Day 2009特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

 就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/11/17 16:01 https://markezine.jp/article/detail/8787

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング