MarkeZine(マーケジン)

記事種別

子どもの進路へのアドバイス「難しい」と感じる親は7割、先行き不安が影響

2010/02/10 13:00

 調査は、2009年9月に9都道府県の公立高校27校の高校生(2年生)とその保護者を対象に行われ、保護者1495名、高校生1953名から有効回答を得た。子どもの進路選択についてのアドバイスを「難しい」と感じる保護者は、調査を重ねるごとに増加しており、2009年は7割を超えた。その理由は「社会がどのようになっていくのか予測がつかないから」が62.3%で突出しており、2007年調査時と比べると10ポイント増加している。

子どもの進路選択についてアドバイスを難しいと感じるか<保護者>
(全体/単一回答)

 一方高校生の側では、進路を考えるときに49.4%が「自分がどうなってしまうのか不安になる」と感じている。しかし、「自分の可能性が広がるようで楽しい」と感じている子も25.9%と2番目に多く、親子がよく話をする層では39.7%に達している。

【関連記事】
子どものスポーツや習い事の費用、年収によって3倍の開き
家事・育児に関わりたい、でも「妻に必要とされていない」 
小中学生の親、テレビよりも激しいマンガへの拒否反応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5