SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZine Day Spring 2010レポート

「リスティング広告から得られる情報を活かして成約率アップを」MarkeZine Day Spring 2010直前インタビュー

 2010年3月9日(火)にベルサール神田にて開催予定の『MarkeZine Day Spring 2010』。開催を前に『リスティング広告からはじまる顧客との関係づくり』のスピーカーであるヤフー株式会社 広告本部 マーケティング部 マネージャーの河田顕治氏に、セッションの見どころについて聞いた。

インターネット広告の特長を改めて考える

 『MarkeZine Day Spring 2010』の今回のテーマは「個」客マーケティング。そのテーマの中で、河田氏(写真右)は「顧客とつながるという」という観点からリスティング広告の特性について解説してくれるという。リスティング広告の話題に入る前に、河田氏はインターネット広告と他の広告の違いについて、簡単に触れた。

 「他の広告と比べた、インターネット広告の面白さはいろいろなものが数値データで見えてくるところです。例えば、チラシに広告を掲載しましょう、となった場合、何部刷ったのか、どのような配布手段になるのか、実際は配布されているのは何部なのか、何人が手に取って、何人が広告を見たのか、そこから何人がアクションにつながったのかは、正確にはわかりません。しかし、インターネット広告ではこれらの数値データをステップごとに追うことができます」(河田氏)と改めて強調した。

 データの見えるインターネット広告の代表例として、例えば、ヤフー株式会社が提供している「Yahoo!リスティング広告」を利用する広告出稿主は、Yahoo!リスティング広告サービス内での数値データ、もしくは自社で独自に導入しているアクセス解析ツールなどのサービスによって数値データを把握することができる。

 ここで、Yahoo!リスティング広告について簡単に説明すると、Yahoo!リスティング広告は、検索連動型広告「スポンサードサーチ」と、インターネット興味関心連動型広告「インタレストマッチ」というサービスの総称となる。

 「Yahoo!リスティング広告の特徴を簡単にまとめると、インターネットユーザーのほしい、知りたいに応えるのが『スポンサードサーチ』、インターネットユーザーの潜在的な、ほしい、知りたいを掘り起こすのが『インタレストマッチ』と言えます。当然、Yahoo!リスティング広告でも、さまざまな数値データを把握することが可能ですし、それらの数値データを活用して、費用対効果を高める動きも出てきています」とした。

【注】サービス詳細については、Yahoo!リスティング広告ページでご確認ください。

 さて、本題の「顧客とつながる」という観点からのリスティング広告の活用についてだが、重要なポイントについて河田氏は「リスティング広告経由で購入してもらったり、資料請求をしてもらった後の展開を意識した運用を考えることが大切です。検索キーワードには『検索者の気持ち』が込められているといえますし、しっかりと分析すれば『こういったキーワードからの資料請求は成約につながりやすい』『こういうキーワードで購入にいたった人はリピーターになりやすい』といった傾向が見えてきます」と述べた。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
リスティング広告をリードナーチャリングに活かす

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZine Day Spring 2010レポート連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

池永 尚史(イケナガ ヒサシ)

 1979年生まれ。CGMブログ・メディアを展開するベンチャー企業、インターネットサービス系企業を経て独立。2010年3月より株式会社ノイズ代表取締役。 ■ 著書・ 稼ぐアフィリエイターはブログが違う!(技術評論社刊)・  ドロップシッピングスタートブック(技術評論社刊)■ 連...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング