SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

中学生に最も支持されているテレビ番組は
「爆笑レッドシアター」【中学生のテレビ視聴調査】

中学生の一番人気は「爆笑レッドシアター」

 調査会社ネットエイジアの協力で2月に行われた調査では、中学1~3年生の男子500名と女子500名、合計1000名から回答を得た。1日の平均テレビ視聴時間は加重平均値で平日2時間47分、休日3時間39分。平日または休日にテレビを見ている中学生(995名)に、最も人気がある番組は「バラエティ」で、「ドラマ」「アニメ」「音楽番組」が続いた。

 最もも楽しみにしている番組は、バラエティ番組の「爆笑レッドシアター」で、音楽番組の「ミュージックステーション」、ドラマの「ブラッディ・マンデイ」「ヤマトナデシコ七変化」、アニメの「銀魂」が続いた。

 また、テレビコマーシャルの視聴については、リアルタイム視聴時では95.5%だが、録画視聴時では40.1%と半減している。

中学生の6割がワンセグ利用

 ワンセグを利用している中学生は全体の6割強。最も多いのは携帯電話での利用だが、ゲーム機、電子辞書など利用形態はさまざま。ワンセグ利用者にワンセグで見ている番組のジャンルをたずねたところ、ここでも1位は「バラエティ」で、中学生のバラエティ人気の高さを印象付ける結果となった。

【関連記事】
小中学生が最もよく行くコンビニは「セブン‐イレブン」
小中学生の親、テレビよりも激しいマンガへの拒否反応
日テレ、ツイッターを使った生放送番組を放映

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/02/26 17:03 https://markezine.jp/article/detail/9719

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング