MarkeZine(マーケジン)

記事種別

無料でできる入力フォーム最適化
アクセス解析+FormAnalyticsでコンバージョン率アップを狙う!

2010/09/16 12:00

 「アクセス解析+α」というテーマで、アクセス解析ツールとあわせて使うと便利なツールを紹介するこの連載。今回のテーマはアクセス解析とEFOです。EFOは改善を行うことで、成果につながりやすい施策ですが、アクセス解析と同時進行で行うことで、より大きな成果につなげることが可能となります。(バックナンバーはこちら)

フォームからの離脱は7割もザラ

 サイトの分析を行っていると、資料請求や会員登録などの各エントリーフォーム(以下、フォーム)から遷移するユーザーの離脱が多いことに気づきます。割合にすると7割以上の人の離脱もザラという感覚です。しかし、アクセス解析ツールだけでは

  • フォーム内のどこが悪いのか
  • ユーザーはフォーム内にある項目をどこまで入力しているのか
  • どの項目でよく入力エラーがでるのか

 という情報はわかりません。そこで登場するのが、フォームを分析するために作られているツール「エントリーフォーム最適化ツール(以下、EFOツール)」です。

 エントリーフォーム最適化(以下、EFO)とは、フォームの各項目の入力率・エラー率、遷移率などを見ながら、フォームのどの箇所に問題があるかを特定し、改善するための手法です。さまざまなパターンのフォームを試して、最適なレイアウトや入力項目を見つけることによって、コンバージョン率の最大化を目指します。

 EFOを実現するためのツールはたくさんありますがその中から今回は、「FormAnalytics」を利用します。まずは、概要を紹介し、実際の設置方法・データの確認方法と解釈の仕方を紹介し。最後に、EFOを使う際の注意点と、アクセス解析ツールをあわせてEFOを実現する方法を解説していきます。では、初めましょう。

手軽にEFOができるツール「FormAnalytics」

 FormAnalyticsはベースキャンプ株式会社という会社が提供しているツールで、月500PV/100ユーザーまでなら無料で利用することが可能です。より大きな規模・複数STEP画面対応・フォームのABテスト実施等を利用したい場合は、有料プラ¬ンが用意されています。料金表はこちらをご覧ください。計測対象ページにタグを入れるだけでテストが行えるため、非常に手軽にEFOを行えるのが特徴です。

FormAnalyticsの設定方法

 会員登録などの手続きが完了しましたら、フォームの作成を行いましょう。

フォーム名・プラン・フォームの種類の3つを選択します。

計測タグの追加

 計測用のタグを発行します。計測対象のURLと、計測対象ページの「ソース」を丸ごとコピーして入力欄に追加します。すると計測用のタグが発行されますので、入力ページと完了ページに、それぞれタグを追加しましょう。これで完了です。

 これで、準備は完了です。後はユーザーがアクセスしてくるのを待ちましょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5