SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ビジヲタ必見!「すべらない事業」の作り方

いにしえの『電話占い』を携帯サービス化して成功した「エアロノーツ」の話

 毎回ユニークな事業を行っている企業の経営者にインタビューする「すべらない事業のつくりかた」。第23回は、携帯サービス「みんなの電話占い」や「みんなの恋愛相談」などを提供するエアロノーツ株式会社の代表 小林将大 氏に話を聞いた。昔からある『電話占い』や『Q&A』サービスを現代のライフスタイルに合わせて提供する同社。サービスのヒントは意外なところに。

Q. まず初めに貴社の事業内容を教えてください

 主に2つの事業から成り立っています。一般のユーザー様向けに占いを提供するBtoC事業と、企業様向けに占いサービスを提供するBtoB事業です。

 BtoC事業では、自社で開発した二者間通話システムを使い、電話番号非公開で占い師と携帯電話やスマートフォンで恋愛相談ができるサービス「みんなの電話占い」と、恋愛相談のQ&Aサイト「みんなの恋愛相談」を提供しています。

「みんなの恋愛相談」PC版サイト
「みんなの恋愛相談」PC版サイト

 「みんなの電話占い」は、初回は10分1,050円から手軽に利用でき、通話する度に溜まっていくポイントを利用することで、縁結びのお守りや割引チケットなどに交換することができるといった、占い後にも様々な特典を受けることができるようなシステムにしています。

「みんなの電話占い」PC版PRサイト
「みんなの電話占い」PC版PRサイト

 BtoB事業では、自社のホームページやメールマガジン、デジタルサイネージなどに占いコンテンツを配信したい企業様に対して、占いをASPサービスとして提供しています。月額30,000円から利用できる安価で質の良い占いを提供しており、監修にはフジテレビの血液型選手権を監修していた御瀧政子先生を起用し、他社との差別化を図っています。

Q. 起業するまでのキャリアを教えてください

 大学は青山学院大学の2部(夜間)でしたので、昼間は電気工事士や医療機器販売、恵比寿ガーデンプレイスのオープニングスタッフまで、色々な仕事をしていました。

 大学卒業後は、イギリスのコンピュータウイルスワクチンソフトを輸入販売するプロジェクトに携わりました。インターネットの知識は同期の中でも優れていたため、同社のホームページの立ち上げやウイルスのアップデート作業などを行っていました。

 ただ当時は、本当にやりたい仕事だとは思っていなかったため、2年後に退職しようという決意していました。その意志どおり2年後に退職し、1年ほどCGの専門学校に行きながらカメラマンとして生計を立てていた時期もありました。ただ、当時デジタルの一眼レフカメラはまだまだ高価という事もあり、デジタルフォトグラファーの道は閉ざされてしまいましたが…。

 その後、2000年にサイバーエージェントとオンザエッヂ(現livedoor)の子会社HOOPS!のディレクターになり、自分の得意としているインターネット事業に携わることにしました。翌年、楽天に同社が売却され、改めてインターネット世界のスピードの速さを身に染みて感じました。また、当時の社長が辞めて別会社を起業したため、楽天の三木谷会長に副社長へ任命され、27歳にして初めて経営に携わることになりました。

 一年後、インフォシークと楽天子会社同士で合併し、モバイル部を立ち上げ、日本で最初にモバイルの検索連動型広告を作ったり、写メの評価サイトを作ったりと、モバイルの可能性を形にしていきました。

 楽天退社後はオーストラリアに留学し、英語の専門学校に通いながらSEOコンサルタントをしたり、フランス人やチリ人、カナダ人など諸外国の仲間と共同生活をして、「人生の夏休み」を謳歌していました。

 帰国してからは、小学生の頃から憧れていたゲーム会社コナミに勤務し、クイズ懸賞のモバイルサイトの企画・制作に携わりました。自分の憧れていた会社で作品を残せたことで、一つ区切りがついたと思いました。

 同社を1年で退職し、初めて空を飛んだ人にちなんで「エアロノーツ」という名前を付け、今の会社を設立しました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Q. 現在の占い事業は、どのような発想で生まれたのでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ビジヲタ必見!「すべらない事業」の作り方連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

矢作 嘉男(株式会社ハチワン)(ヤハギ ヨシオ(カブシキガイシャ ハチワン))

株式会社ハチワン代表取締役。New Jersey City University卒。 中国人観光客向けクーポンサイトなどインバウンド媒体を運営。 2011年、中国のインターネットプロモーション事業を行う北京博洛密網絡科技有限公司と提携し、中国向けプロモーション事業を開始。本当に成果の出る中国市場向けインターネットマーケティングのみをを提供し、インバウンド向けから中国現地進出向けまで数多くの実績を持つ。 プロモーションのご相談:info@813.co.jp

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング