SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フェイスブック、「購読」ボタンを提供
友達でもファンでもない「購読関係」を可能に

 フェイスブックのニュースフィードでは、フェイスブックでの「友達」、「いいね!」をクリックしたFacebookページからの投稿が表示される。今回提供を開始した「Subscribe」ボタンは、ニュースフィードに表示する情報を整理し、より興味深いものにすることができる。

 まず、ニュースフィードに表示する情報を「すべての投稿」「よく見ている投稿」「重要な投稿」から選ぶことができる。また、写真の投稿だけを選ぶといった選択も可能だ。

 また、フェイスブック上の友達ではないジャーナリストや政治家などの投稿を表示させることができる。その人のプロフィールに「Subscribe」ボタンが表示されていれば、それをクリックするだけでニュースフィードに購読可能になる。「Subscribe(購読)」といっても、「読者登録」といった意味で現在は支払が発生するわけではないが、将来的には有料コンテンツへ発展させることも可能だろう。

 さらに、自分のプロフィールにボタンを設置することも可能だ。投稿の際に「公開」設定した情報だけを、ボタンを押した人のニュースフィードに表示することができる。

【関連記事】
フェイスブック国内月間アクティブユーザー数500万突破
フェイスブック活用は東証一部上場企業の19%
ツイッター公式解析ツール「Twitter Web Analytics」発表
ECサイトの9割が「ツイッター」導入
ソーシャルメディアを活用している企業1位は「日本コカ・コーラ」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2011/09/15 12:58 https://markezine.jp/article/detail/14400

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング