SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第66号(2021年6月号)
特集「SNSプラットフォーム徹底解剖」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

注目キーワード”SO-LO-MO(Social + Local + Mobile)”
位置情報系サービス×マーケティングの最新動向

 米国時間11月8日~10日にかけて、NYマンハッタンの南西部にあるJavitsCenterにてad:tech New York 2011が開催されました。今回は、他のキーノートやデータ分析関連のセッション、注目の新技術について紹介します。  

強烈なプレゼンを見せる、アメリカのマーケターたち

 前回紹介したキーノート以外にも「スティーブ・ジョブズ」の著者Walter Isaacson氏の講演や、クーポン共同購入サービス「LivingSocial」を提供する、LivingSocial社シニアバイスプレジデントのMitch Spolan氏の強烈なプレゼンテーションもありました。

Mitch Spolan氏のプレゼンテーションは、観客を大いに沸かせた
 Mitch Spolan氏のプレゼンテーションは、観客を大いに沸かせた

 Spolan氏は、「Presentation Rocks」と題したプレゼン技法のセミナーセッションでも講演しており、キーノートで使用したプレゼン資料を用いて、聴衆を飽きさせないプレゼン技法、資料作成方法などをレクチャーしました。

 「派手なアニメーションや枚数の多いプレゼンテーションはダメと言う人もいるが、今はきれいなデザイン、写真、アニメーションを付けることができるので、それを使わない手は無い。写真よりもムービーの方が目を引くのは明らかだ。iPhone等で簡単にムービーを撮ることもできるようになったのに使わないともったいない」など、Spolan氏なりのプレゼン哲学を披露しました。

 細かい画像作成やスライド作成のtipsもたくさん飛び出し、私も大変参考になりました。また会場からの質問に対し、「1つのスライドに3時間ぐらいかけることもよくある。良いプレゼンテーションができるなら、それくらいの労力は厭わない」と回答し、観客をうならせていました。

 広告主として、唯一のキーノートはコカ・コーラ社のシニアバイスプレジデント(統合マーケティングコミュニケーション担当)のWendy Clark氏の講演。Wendy Clark氏も非常にパワフルなプレゼンテーションを披露しました。

 講演内容は、コカ・コーラ社が今後のマーケティングの指針の1つに置いている「Liquid & Linked(リキッド・アンド・リンクド)」についてであり、なぜこのような考え方が生まれたのか紹介してくれました。

 Wendy Clark氏の発言の要約は次の通りです

ソーシャルメディアやモバイルデバイスが人とのつながりを変えた結果、コンテンツはソーシャルグラフ上でリアルタイムに拡散するようになった。それは、これまでのようにユーザーをコントロールする側がいても、いなくてもだ。この変化に対応する考え方が『Liquid & Linked』と言える。ストーリー性のあるコンテンツ、体験、会話が流体のごとく拡散する中、つながりが価値を生む時代となった。Liquid & Linkedは、その時代に合わせたマーケティング戦略と言える

 次に、この考えを元に行われたキャンペーン事例を紹介した後、Liquid & Linkedを実現するためのキーワードとして“Be Shareworthy”を挙げました。

 ”Shareworthy”は、今回のカンファレンスのキーワードの1つであり、シェアする価値のあるコンテンツならば、消費者は能動的に拡散し、つながりを広げてくれ、絆を強固にしてくれる。この視点を持つことが、ソーシャル活用には必須という点をWendy Clark氏も強調されていました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
データ分析の課題は万国共通?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

中川 斉(ナカガワ ヒトシ)

1968年生まれ/早稲田大学卒。コンサルティングファーム・広告会社にて、統計解析・データマイニングを軸にしたマーケティングプランニング業務に従事。専門的なデータ分析のスキルと高度なマーケティングの知識・経験の両方をバランスよく持つ稀な存在であり、近年ではマーケティングテクノロジーの開発、利用啓蒙にも...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング