SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「50代を過ぎたら、もう年をとらない」
中高年に広がる“エイジレス感覚”

 博報堂の新しい大人研究所は、2011年10月に、首都圏および各地方の中小都市在住の40~69歳の男女3708名を対象に調査を行った。

 「何歳になっても若々しく前向きでありた い」と回答した人は、全体の8割。「自分が理想とする生き方」では、6割を超える人が「50代を過ぎたら、もう年をとらない という自分でありたい」と回答しており、あたかも50代で年齢 が止まったかのようにとらえる傾向が見られた。

「50代を過ぎたら、もう齢を取らないという自分でありたい」
という気持ちはどの程度あてはまりますか(単一回答)
「50代を過ぎたら、もう齢を取らないという自分でありたい」という気持ちはどの程度あてはまりますか(単一回答)

 「年齢にしばられない生き方をしたい」という考えは、女性で特に高く、年齢別では、40代~60代のすべての年代で7割を超え、これらの世代の共通認識 となっている。

【関連記事】
「年齢不詳」願望、男女ともに高まる
Wiiユーザーの平均年齢はPS3ユーザーよりも上
博報堂、50~60台女性のクチコミパワーに着目した新商品開発支援サービス
急拡大するスマホの女性利用率
韓国女性が美容にかける時間と費用は日本女性の2倍

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/01/19 12:21 https://markezine.jp/article/detail/15021

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング