SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Google アドワーズ活用事例(PR)

クロスメディアのPRに Google AdWords を活用
高い運用レベルでクライアントへ最適解を提案

 広告代理業、PR事業、ウェブ制作業などを複合的に展開する株式会社コミクス。ウェブ媒体だけでなく、TV、新聞、雑誌など、マス広告も得意とする同社ですが、1年ほど前から Google AdWords の運用を本格的に開始、社員11名中8名が認定パートナーの資格を有する高い運用レベルを誇っています。代表取締役社長 鈴木章裕氏、WEBマーケティング事業部統括責任者 山口秋彦氏に AdWords についてのお話を伺いました。(注:この記事は Google オープンビジネスパートナー の広告記事です)

AdWords とのクロスメディアが相乗効果を生み出す

 株式会社コミクスは、複数の媒体に跨ったクロスメディアでのプロモーションを得意とする設立5年目のエージェンシーです。スタッフ全員が各々得意とする分野を持つ広告業界の経験者であり、少数精鋭ながら、 Google AdWords でも大きな成果を上げています。

 「弊社のビジネスモデルは、広告とPR、そしてツールやウェブの開発の3軸で展開していることが強みです。それぞれの重み付けに差はなく、いずれかの軸でお客様との接点を作り、そこからお客様の満足度を最大化するために他の軸での提案も視野に入れていきます。 Google AdWords はその中で、お客様とのパイプづくりという重要な役割を担っています。成果が見えやすく、継続的な運用が必要となるため、しっかり成果を出すことで、お客様からの信頼を得て長いお付き合いへとつなげることができます」

 同社では、ウェブとマス広告を連動させたクロスメディアの事例も数多く成功させています。栃木県に本社を置く、ある宝石会社からECサイトリニューアルを依頼された鈴木氏は、誘導と認知度アップをあわせて行うために、 AdWords とTVCMを連携させたPRを提案しました。

 「 AdWords はユーザーの検索を待つことが基本となるため、社名や商品名で集客したい場合には、ある程度の認知度が必要になります。この宝石会社様では、不足していた社名の認知度をマス広告を使って補うことに決め、PC/モバイル/スマートフォン用の各サイトを立ち上げてから1都3県のBS・CSでTVCMをOAしました。OA期間中は、放映地域にターゲティングをかけて AdWords 広告を出稿し、視聴者からの社名検索を極力拾えるようにしました。その結果、社名の認知度を高めた上で多くのユーザーをリニューアルサイトに誘導することができました」

社を上げて認定パートナーの取得を支援

 コミクスの社員は11名、そのうち8名が Google の公認試験により AdWords の高い運用レベルを認められた「 Google AdWords 認定パートナー」の資格を持っています。同社では、OJTや社内勉強会を積極的に行い、2011年9月に複数名が資格を取得しました。取得後、山口氏は社内に変化が現れたことを感じています。

株式会社コミクス 代表取締役社長 鈴木 章裕 氏
株式会社コミクス 代表取締役社長 鈴木 章裕 氏

 「およそ3ヵ月間、みっちり社内で認定パートナーのための集中講義を行いました。日常的に運用を行なっていたスタッフたちでしたので、理解は早かったと思います。効果が数字に現れてくるのはこれからだと思いますが、現時点では社内のモチベーションが大きく上がっていることを感じています。スタッフ全員のプロ意識が高まり、アカウント数を続伸させる原動力になっています」

 さらに同社は、AdWords を一層活用していくために、サポートプログラムである Google オープンビジネスパートナーへの参加を決めています。

 

 「トレーニングメニューが充実していると聞いているので、参加して社内の運用レベルをより高めていきたいですね。また、参加パートナーの中から優れた代理店に贈られる Google Excellent Performer Award は社内のモチベーション管理をする上で、とても役に立ちそうだと期待しています」

次のページ
キーワードを厳選し、CPAを3分の1に低減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Google アドワーズ活用事例連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング