SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

ユーザーのページ内行動の可視化で、問題個所を発見
遷移率などをケタ違いに改善した転職サイト「DODA」

 サイト全体のパフォーマンスや、問題となっているページの特定に使えるアクセス解析ツールは多いが、「このページのどこが問題なのか」を突き止められるツールは数少ない。株式会社ユーザーローカルの「User Insight」は独自のヒートマップ機能を備え、ページ内での離脱場所、熟読されている個所などを可視化して、ページ内の問題点を特定できるユニークなツールだ。転職サイト「DODA」を運営する株式会社インテリジェンスは、User Insightを導入し、求人特集ページなどアクセス数が多い重要なページのページレイアウト改善を進めている。

アクセス解析のヒートマップ機能により“ケタ違い”に改善した転職サイト「DODA」

 アクセス解析ツールはサイト運営の必需品。どのサイトでも導入済みだろうが、「こんな分析をしたいけど欲しい情報が手に入らない」ともどかしく思ったことはないだろうか。ユーザー行動を可視化するヒートマップ機能など、独自の機能を多数備えた「User Insight」はそんな課題を解決する最有力候補になるだろう。

 一般的なアクセス解析ツールでは、ページごとの離脱率、コンバージョン数/率(CV/CVR)などの全般的なデータは取得できるが、「ページ内のどこが問題になっているのか」は把握しづらい。その点、User Insightのヒートマップ機能は、ページ内のどこまでが閲覧されたか、クリックされている場所や熟読されている場所はどこかを可視化してくれる。

ユーザーの行動を可視化するヒートマップ機能

 転職サイト「DODA」を運営する株式会社インテリジェンスは、1年ほど前にUser Insightを導入。トップページから誘導する特集ページなど、アクセス数の多い編集ページの解析に着手し、ページ内のリンク設置場所などを工夫することで遷移率や遷移後のCVR(コンバージョン率)を大幅に改善してきた。

 導入の前後で、文字どおり“ケタ違い”にパフォーマンスが改善されたページもある。インテリジェンスのUser Insight活用事例について紹介していこう。

ターゲットどおりの応募者が求められる転職サイト。ユーザー属性分析の機能が導入の決め手に

株式会社インテリジェンス
キャリアディビジョン
事業企画統括部
マーケティング企画部
畑邊 康浩氏

 「DODAにはビジネスモデル上、大きく2つの役割があります。人材紹介サービスで求人企業にご紹介する人材を集めること、そして求人広告を掲載して求人企業への応募者を集めることです」とサイト運営の目的を語るのは、同社 キャリアディビジョン 事業企画統括部 マーケティング企画部の畑邊康浩氏だ。

 ただし求人広告というのは、応募者の数を集めればいいわけではなく、「求人企業のターゲットとする応募者が集まるかが大事」(畑邊氏、以下同)なのだ。ターゲットになる応募者が1人いるかどうかで、求人広告を出稿してくれた企業の印象もかなり変わってきてしまうこともあるという。

 「例えば、金融業界の特集ページを設置した際、金融業界の方に多く読まれているかどうかなど、ユーザーの属性をある程度までUser Insightで解析できます。特集ページの質のPDCAを回すのに活かせそうだと感じました。 それは、導入済みの解析ツールでは足りていなかった部分です。ユーザー属性が細かく分かる点は、導入判断をする際に大きな決め手になりましたね。また、集客の後の部分、ページを最適化してCVRを上げるという過程で役に立つツールだな、と感じられたのも導入理由です」

 それまでも広告効果測定ツールを使って、会員登録者の属性と流入経路を紐付けたPDCAは行っていたが、非会員のユーザー属性までは分析できていなかった。User Insightによって非会員の属性まで把握できるようになったことで、さらに精度を上げられるのではないかと畑邊氏は期待を込めている。

次のページ
検討期間の長い転職活動。特集記事を通してユーザーの転職意欲向上を図る

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中嶋 嘉祐(ナカジマ ヨシヒロ)

ベンチャー2社で事業責任者として上場に向けて貢献するも、ライブドアショック・リーマンショックで未遂に終わる。現在はフリーの事業立ち上げ屋。副業はライター。現在は、MONOistキャリアフォーラム、MONOist転職の編集業務などを手掛けている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング