SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Facebook、スポンサー記事の掲出先を選択して購入可能に

 米Facebookは、先に行われたマーケター向けイベント「fMC」で、モバイルも含めてニュースフィード上に表示するスポンサー記事を一括購入可能としたのを改良し、掲出先ごとに個別に購入できるようにした。これによって、Facebookの広告出稿者は、広告APIや出稿ツール「パワーエディタ」を利用しているときに、以下の掲出場所を選択して、単独であるいは組み合わせて出稿を設定できるようになる。

・ニュースフィード(デスクトップ)
・ニュースフィード(モバイル)
・ページ内右側のアドスペース

 出稿時には、選択肢として以下のものが選べる。

・全ての掲出先への出稿
・全てのデスクトップへの出稿
・全てのニュースフィードへの出稿
・ニュースフィード(デスクトップ)への出稿
・ニュースフィード(モバイル)への出稿

 今回のアップデートはグローバルに適応され、日本国内でも徐々に利用可能となる。

【関連記事】
フェイスブック、マーケター向けイベント「fMC TOKYO」開催
日本のFacebookユーザー数は899万人でアジア7位
70%以上の企業人事が「いいね!」を押している学生を確認
楽天、Pinterestに出資
LINEユーザーのアクティブ率77.4%

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/06/07 19:20 https://markezine.jp/article/detail/15810

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング