SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

マーケティング・プロフェッショナルズ

「『ワタシプラス』は、資生堂のビジネスに変革をもたらす次世代ビューティーソリューションサービス」─ 資生堂 薗田守世氏(前編)

 変化を続ける消費者の価値観や消費行動に、企業はどのように対応していけばいいのでしょうか。マーケティングコンサルタントのサイコス青葉哲郎氏が、第一線で活躍するマーケティングのプロフェッショナルに聞く対談連載。今回は、この春に総合美容サービスを提供するサイト「ワタシプラス」をオープンし、ネットサービスの取り組みを本格的に開始した資生堂を訪ね、SHISEIDOブランドのWeb事業を担当する薗田守世氏にお話を伺いました。 

今回お話を伺ったのは…
株式会社資生堂 国内化粧品事業部 Web事業推進部長
薗田 守世氏

1981年資生堂入社。資生堂京都販売(株)の管理部、本社 財務部、大蔵省財政金融研究所 主任研究官を経て、2006~07年に台湾資生堂(合弁会社)の日本側責任者、2008~09年に中国事業部の事業管理部長を歴任。現在は、Web事業推進部長を務めSHISEIDOブランドのWeb事業を担当している。

緻密な準備を重ねてオープンした「ワタシプラス」

 青葉 ――4月にオープンしたWebサイト「ワタシプラス」が好調と伺っています。提供サービスの質の高さには大変驚きました、主なサービスについて教えていただけますか。

 「ワタシプラス」は、これまでの資生堂の公式ウェブサイトを企業情報サイトとSHISEIDOブランドの情報を掲載するサイトに分離し、そのブランドサイトにお客さまのニーズに応える新しいコンテンツをつけ加えて開設しました。サイトのアドレスは、これまでと同じ「www.shiseido.co.jp」としており、その点ではネット上の資生堂の新しい“顔”となっています。各種のブランドサイトを束ねる役割に加えて、新たにWebカウンセリング、店舗検索、美容情報、そしてEC機能をつけ加えました。

 Webカウンセリングには24時間利用でき、お客さまが質問に回答いただく形式で最適な化粧品を提案する、「ビューティーチェック」と、ビューティーコンサルタント(BC)がライブ動画またはチャットを介してリアルタイムに応対する「WebBCカウンセリング」の2種類があります。また、合わせて4月から、業界の垣根を越えて美容や健康の情報を提供するポータルサイト「Beauty & Co.(ビューティー・アンド・コー)」も開設しています。

 青葉――「ワタシプラス」のサービス開始のきっかけについて教えてください。

 これまで当社のWebの取り組みは、子会社では早くからECを始めていましたが、(株)資生堂では企業情報とブランドが発信する情報が中心だったので、ネットの活用という意味ではまだ取り組むべきことがあると認識していました。

 この数年でネット環境やデバイスが整い、もはやインターネットはポケットに入れて持ち歩ける時代になっています。生活者も変化し、ECの利用も若年層を中心に50代くらいまではほとんど一般化していますし、60代以上でも抵抗のない人が増えています。そうした中で、我々がオンラインによるサービスを構築しないまま、果たして21世紀にも存続していけるのかというと、答えは明らかです。時代や生活者の変化に合わせずして、企業は存続し、発展を続けていくことはできないと考えます。

 ですから、Webを活用するという構想自体については、もう何年も前から検討を重ねていたのです。オンラインで店舗と同じ商品を販売するにあたっては、これまで当社の商品を販売していただいている取引先のご理解を得るのに、かなりハードルが高いと考えておりました。その部分を「ワタシプラス」では、店舗検索や店舗と連動したサンプリング施策などでお客さまに店舗への来店を促したり、店舗を支援する機能を「ワタシプラス」に装備して店舗にご利用いただくことで、取引先のご理解を得るようにしました。

 「ワタシプラス」は決してECをメインに立ち上げたものではなく、インターネットの時代にお客さまに対して商品、美容・店舗情報、商品の使い方をワンストップで提供し、お客さまの化粧生活をもっと楽しく、豊かなものに変えていく“次世代ビューティーソリューションサービス”として構築しました。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
オンラインが“買い場”として大きな存在感を持ち始めている

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケティング・プロフェッショナルズ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

青葉 哲郎(アオバ テツオ)

サイコス株式会社 代表取締役 東京都出身。明治大学政治経済学部卒業。1994年4月 ジャスコ (現イオン)入社。1995年マイクロソフト入社。トップセールスを経て、最年少ブランドマネージャに就任。MSN事業開発など担当。2001年インテリジェンス入社。マーケティング部を設立し『はたらくを楽しもう。』で同社を転職ブランド1位に。2008年リクルートエージェント入社。『転職に人間力を。』で新ブランドを立ち上げ、コスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング