SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップ、Googleの第三者配信プラットフォーム「DoubleClick for Advertisers」の運用サービス開始

 グーグルが提供する「DoubleClick for Advertisers」は、純広告、ソーシャルメディア、DSP、アドネットワークなど、あらゆるメディアの広告配信に利用できるプラットフォーム。米国ではWeb解析ツール「Google アナリティクス プレミアム」と連携。今後日本においても同様のサービスが展開されることが見込まれる。

 アイレップはこれまで、検索連動型広告を中心に、複雑かつ細かなデータを活用した高度な運用と改善を継続することで成果を創出する「運用型広告」に取り組んできたが、今後より強まるであろう運用型広告活用の波に対応するため、データ統合による高度な分析と運用戦略で企業のデジタルマーケティング支援を強化するため、「DoubleClick for Advertisers」の運用サービス提供を開始した。

【関連記事】
スパイア、第三者配信サーバーを活用したディスプレイ広告のクリックポイント可視化ツール 
スマホ特化型DSP「Bypass」にレコメンデーションバナーを含む3つの新機能
アクティブコア、「ac cruiser」に第三者配信サーバに対応したセグメント分析機能
ミューム、ポイントメディアにおける第三者アクション報酬型広告サービス「InviteAD」
米国モバイル広告売上今年度トップ3はグーグル、パンドラ、ツイッター

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/10/29 15:00 https://markezine.jp/article/detail/16654

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング