SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

グーグル、2012年旅行系キーワード検索動向発表~検索ボリュームは前年比15%増

 12月13日、Googleは国内の2012年の旅行業界関連の検索キーワード(以下、旅行系ワード)動向を発表した。本レポートは、2012年1~11月のGoogle検索エンジンにおける検索ボリュームをもとに作成したもの。

 旅行情報をオンラインで検索する率は年々増加しており、旅行系ワードがどのように検索されたかを通じて、2012年の旅行業界のトレンドを振り返る。

 旅行系ワードの検索ボリュームは前年比15%増と上昇。検索が行われている端末の内訳は、PCが約6割、スマートフォンが約3割、従来型携帯が約1割となった。普及しつつあるタブレットからの検索は約3%みられた。

 また、今年の2月にピーチ航空が就航し、それに続くジェットスターやエアアジアの日本市場参入・就航と、格安航空会社(LCC)の動きに注目が集まり、急上昇ワードのランキングにも表れている。

【関連記事】
「旅行」関連の人気サイトランキング(2012年10月)
JTB、円高が海外旅行に与える影響調査結果を発表
グーグル、モバイルショッピング動向調査結果発表
米国モバイル広告売上今年度トップ3はグーグル、パンドラ、ツイッター
ブランド力1位は「日本マイクロソフト」、「グーグル」は8位に後退

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング