SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、運用型ネット広告のBPO事業会社を共同設立~日本・ASEAN地域で事業展開へ

 オプトとWistron Information Technology&Services Corp.(以下、Wistron ITS)は、日本およびASEAN地域で運用型ネット広告のBPO事業を展開する会社を共同設立することで合意した。現段階では会社名は未定、2013年10月設立予定、出資比率はオプトが51%、Wistron ITSが49%である。

 運用型ネット広告とは、アドテクノロジーを活用したプラットフォームにより、広告の最適化を自動的にもしくは即時的に支援するような広告手法のこと。検索連動広告、アドエクスチェンジ/SSP/DSPなどが典型例である。また一部のアドネットワークもこれに含まれる。またBPOとは、自社の業務プロセスの一部を継続的に外部の専門的な企業に委託すること。

 日本のネット広告市場における運用型ネット広告の市場シェアは2012年度には58.3%(前年比8.1%増)となり、2016年度には69.9%まで拡大すると予測されている(ミック経済研究所調べ)。そして、運用型ネット広告の成果向上には、高度なスキルやノウハウを持ったスタッフによる運用が必須とされる。このような背景から、同社は今回の取り組みに至った。2016年の目標売上は25億円を目指す。

【関連記事】
「日本の広告費」総広告費5兆8,913億円、5年ぶりに増加~運用型ネット広告市場が急拡大
枠買いから運用へ、ニーズが高まる「運用型ネット広告」は2591億円市場に
運用型デジタル広告専門会社「ネクステッジ電通」設立
オプトが投資育成事業に参入、アドテク&コマース分野にフォーカス
オプト、「オムニチャネルソリューション部」を新設

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2013/09/06 11:30 https://markezine.jp/article/detail/18429

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング