SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

通信キャリア3社の携帯学割商戦、ドコモに軍配あり【テレビCM好感度ランキング2014年1月】

 マーケティング担当者向けソーシャル分析まとめサイト「ミシェル!」編集部(運営:プラスアルファ・コンサルティング)は、ソーシャル分析ツール「見える化エンジン」を使って、Twitterの全量データを分析し、2014年1月のテレビCMの評判をランキング化した。

携帯キャリア学割商戦、ドコモに軍配あり

 2014年1月に投稿されたテレビCMに関するツイートを全件分析し、通信キャリア3社の学割商戦のCM反響比較を行った。

一番人気はワン・ダイレクションを起用したドコモ

 ドコモは、CM好感度ランキングで7年連続で首位であったソフトバンクに大差をつけて1位となった。この勝因として、イギリスのバンドグループ「ワン・ダイレクション」を起用した「docomoの学割2014」が大きな反響を得られたためといえる。

 ワン・ダイレクションは結成から3年という僅かな期間で全世界トータル・セールス3,500万枚を突破したグループ。CMでも使用された「たった3年で人生は変わる。」というメッセージは10~20代から大きな反響を得られた。

ドコモのCMは、女性や10代の支持が高い

 次に、投稿者の属性を推定する「ユーザプロファイル推定機能」を用いて、年代比較、性別比較を行った。その結果、ドコモのCMへの反響は、男性が30%に比べ、女性は70%となり、女性の比率が高かったことが明らかになった。

 年代に関しても10代が25%と高い比率を示した。一方で、auとソフトバンクにおいては、男女比率はおよそ同等、年代構成比も釣鐘形となり、これは通常のTwitter人口の比率と大差はない。このことから、ドコモの支持が高かった要因として、特定のセグメントで大きな反響を得られたことが考えられる。

ドコモは「好き」「感動・共感」/auとソフトバンクは「面白い」「ウケる」

 最後にツイート上に同時に使用されるワードに注目した。その結果、ドコモは「好き」「感動した、共感した」といったより強い感情の言葉が使用されていることが明らかに。一方で、auとソフトバンクでは「面白い」「ウケる」といった表層的な言葉が関連付けられた。このことから、ワン・ダイレクションを起用したことが、ドコモのCM戦略が成功した要因と言えるだろう。

【分析概要】
分析対象:Twitter(100%データ)
取得ワード:「CM おもしろい」「CM 気になる」「CM ウケる 」「CM 感動」「CM 泣ける」「CM 好き」
分析期間:2014年1月1~31日
データ件数:293,866件(分析結果ではbot等を削除処理済)

【関連記事】
Twitter23万ツイート全量調査!2013年テレビCM評判ランキング発表
デジタルインテリジェンス、動画DSPxCM素材のクリエイティブスコア測定プログラム開始
CMerTV、料理レシピ動画サイト「FOODIES」にプレロール広告独占配信
「金融サービスをもっと身近に」ソニー銀行、国際的映像作家を起用した動画CMをスタート
CMerTV、「GDO ゴルフ動画」でプレロール広告を独占配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/02/24 16:15 https://markezine.jp/article/detail/19343

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング