SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

フリマアプリの利用率トップ3は「Frill」「メルカリ」「LINE MALL」【ジャストシステム調査】

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して、フリマアプリの利用状況に関するアンケートを実施した。

 事前のスクリーニング調査で10~30代の女性3,026名に対して、フリマアプリの利用経験を聞いたところ、利用経験がある人は全体の7.8%だった。年代別では10代が最も多く、12.5%となった。そして、スクリーニング調査において、「フリマアプリを利用したことがある」と回答した全国の10~30代の女性200名に対する行ったアンケート調査から、下記の結果が明らかになった。

フリマアプリの利用率1位は「Frill」、「LINE MALL」は3位に

 現在、フリマアプリを利用している人のなかで最も多く利用されているフリマアプリは「Frill」(41.6%)だった。次いで「メルカリ」(36.5%)、「LINE MALL」(26.9%)となった。

フリマアプリを使い続けている理由

 メインで使っているフリマアプリを利用し続けている理由として、「出品商品が豊富で見ていて飽きないため」が40.7%、次いで「購入までの操作が簡単だったため」が38.4%、「出品までの操作が簡単だったため」が33.3%となった。

4人に1人が、月平均売上10,000円以上

 出品経験者に月あたりの平均売上額を聞いたところ、「1,000円~5,000円未満」が最も多く(32.5%)、次いで「1,000円未満」(23.9%)でした。1か月に平均10,000円以上の売上を稼いでいる人は26.5%にのぼった。

フリマアプリを利用して「リアル店舗でのショッピング機会が減った」

 フリマアプリを利用し始めてからの変化について、「リアル店舗でのショッピングの機会が減った」人が32.8%、「ネットショッピングの機会が減った」人が32.2%、「ゲームアプリの利用時間が減った」人が29.3%という結果になった。

【調査概要】
調査期間:2014年4月18~21日
調査対象:Fastaskのモニタのうち、事前のスクリーニング調査で「フリマアプリの利用経験がある」と回答した全国の10~30代の女性200名

【関連記事】
「LINE MALL」2週間で新規ダウンロード数100万件突破、成約率は20%以上に
ペパボ、男女ともに楽しめる古着フリマアプリ「kiteco」リリース
アメーバ、ママ向けスマホフリーマーケットサービス「マムズフリマ」提供開始
ヤフー、女子向けフリマアプリ「クロシェ」
サイバーエージェント「毎日フリマ」、流通総額3億円突破

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング