SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

おしゃれなネットショップを始めよう[3]最初の一歩はフリマアプリでも 話題のサービスをチェック


 おしゃれなネットショップを立ち上げてステキなモノを売るには? アパレルネットショップ「101064」を運営するニューエイジの金子さんがノウハウを教えます。第3回はCtoCサービス5つを紹介します。

まずはフリマアプリから始めるのもアリかも?

 ネットショップというと独自ドメインのお店か、楽天、Yahoo!ショッピングなどのモールを想像しますが、今回はCtoC(個人間取引)マーケットのお話。

 日本では長らくCtoCの市場はヤフオク!の独壇場でしたが、ここ数年のスマホの普及で市場の拡大と勢力図が変わりつつあります。

 なぜ今回ECzineでこの話題を書くのかというと、現在ネットショップで活躍している経営者、ショップオーナーの方で元々ヤフオク!からネット通販を始めたという方が多いからです。

 なのでこのCtoCマーケットで、手応えを感じて、本格的にネット通販に参入するという流れもあるかと思い書いています。

 CtoCのサービスといっても、ネットショップ同様、商品をネットにアップして、お客様に購入頂き、発送するという一連の作業に変わりはありません。

 このサービスの特徴は、商品が1商品から、スマートフォンがあれば今すぐに始められることにあります。独自ドメインを取得して、難しいHTMLをいじって……と難しいことはまったくなく、商品をアップするだけで始めることができます。

 そして、各CtoCのサービスには既に何かを買いたい!と思っているお客様がたくさんいるので、売れる可能性が大いにあるわけです。

 すでにユーザーが存在しているというのは楽天やYahoo!ショッピングなどに似ています。しかしモールの出店と大きく違うのは、CtoCはお店を出すというよりは商品を出す、より個々の商品に寄ったサービスとなっています。

 それでは、ヤフオク!とスマートフォンのフリマアプリ4つをご紹介したいと思います。

ヤフオク!

http://auctions.yahoo.co.jp/

 言わずと知れた日本最大のポータルサイト「Yahoo!Japan」のオークションサービス。ネットオークションとしても日本最大級で、年間の売上流通額は約6,900億円とケタ違いです。ネットオークションのシェアも約80%となっています。

 名称の通り、ヤフオク!はオークション形式で、この後紹介するフリマアプリとは違いますが、CtoC市場としても最大のため紹介しました。

 個人でも利用でき、その場合はYahoo!プレミアム会員(月額399円)の必要があります。システム利用料は売上の5%です。

 私自身も学生時代はよく出品、落札で利用して主に洋服を売買していました。オークション形式のため、思ったより高くなって儲かったりしました。今思えば、ここの経験は独立後のネット通販の基礎になった気がします。(続きはECzineで

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
Yahoo!ショッピングに出店すべきか 儲けとスマホ対応から考える
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

金子 洋平(カネコ ヨウヘイ)

1979年生まれ。大学卒業後、GMOインターネットにてマーケティング、新規事業立ち上げを経験後、起業。「ファッションメディア」、「ファッションEC」の会社を11年経営し、2016年よりアプリ運営プラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。●Yappli:https://yapp.li/ ●ブロ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2014/11/11 20:01 https://markezine.jp/article/detail/21179

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング