MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アップルの「iAD」がプログラマティックへ移行、支援するアドテク企業の顔ぶれが明らかに

2014/11/25 12:30

 アップルのモバイル広告プラットフォーム「iAd」は、アップルのユーザーの中から適切なオーディエンスを特定して、自社のアプリケーションを宣伝するキャンペーンを作成。広告はアプリやiTunes Radioに配信することができる。

 アップルはこの広告取引をプログラマティックに行うため、複数のアドテクノロジー企業を選定した。先日、その動きを支援する企業としてRubicon Projectが選ばれたことを伝えたが、21日、MediaMathが自社サイトで選ばれた企業をリストアップした。

自動化された広告の買付を可能にする「iAd Workbench」
自動化された広告の買付を可能にする「iAd Workbench」

 MediaMathがまとめたリストに含まれるのは、MediaMath、The Trade Desk、Rubicon Project、GET IT Mobile、Accordant Media、Adelphic、AdRoll(アップルからの発表がないため、各社のリリースをもとにしている)。MediaMathは、iAdはプログラマティックなチャネルに移行し、自動化されたバイイング・プラットフォーム「iAd Workbench」のためにAPIを更新。新しいAPIによって、広告主はキャンペーンを作成・更新、分析、入札管理が可能になると解説している。

【関連記事】
アップル、モバイル広告プラットフォーム「iAd」自動化でRubicon Projectを採用
イーグルアイ、Appleの広告プラットフォーム「iAd Workbench」の販売開始
アップル、iAdをヨーロッパで展開
アップルと電通グループ、日本で「iAd」を展開
IAB、プログラマティックバイイングのための標準API仕様「OpenDirect 1.0」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5