SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

台湾はアプリメディアにとって非常に魅力的、マルジュが語る台湾市場のポテンシャル

アプリのローカライズが不要、魅力的な台湾市場

 今回、マルジュが台湾展開を決めた理由の一つに、日本国内アプリと台湾の親和性がある。

 「実は2013年頃から、国内デベロッパーのアプリや自社アプリのデータを見てみると、“国内アプリなのに台湾でのGooglePlayにおけるインストール数がなぜか勝手に伸びている”という傾向があったのです。国内以外でもインストールされる場合もあるのですが、日本の次と言われると断然、台湾。アスタの台湾アクセスが全体の約5%(2014年12月実績10億imp)という事もありました。

 現地視察や台湾のGooglePlayのランキングなどを調べていると、日本のアプリをローカライズせずに、台湾ユーザーがアプリをインストールしている姿が見えてきました。広告モデルのアプリはシンプルな操作性のゲームであるというのも要因だと思います。また、台湾には、日本語をある程度理解できる方々がおり、日本語のままで展開しているアプリも抵抗なくインストールしているようです」(松本氏)

 時期的にも、今が良いタイミングだという。ここ1年で日本のゲームデベロッパーの台湾進出がニュースになっている。アスタのクライアントも出稿意欲が高まっているという。環境が整っていても出稿主がいない数年前に比べて、需要と供給のバランスが整ってきた。そこで、今までは“アイコン型で二次収益”という形だったが、次は“台湾で三次収益、四次収益”と、違う地域でのマネタイズを提案していく予定だ。基本的には日本での体制と同様に「アスタ」の実データを元にした提案を行い、メディアのプラスオン収益に貢献していきたいという。

「台湾へ本格的に進出する事で、在庫数も2倍の20億インプレッションまで持ってゆく事が目標です。現状、ノンプロモーションでダウンロード数を伸ばす事が可能なため、プロモーションをすれば、よりユーザーを増やせると考えています。そこで、広告費プレゼントのような形のキャンペーンを打ち、プロモーション支援も同時にする予定です。メディアも広告出稿ができるというアスタの特長でもある仕組みを活用していきます」(松本氏)

10億インプレッションのうち、9割がAndroid

 台湾で今人気があるのは棒人間系のゲーム。画面をタップする事で、棒人間がジャンプなどアクションをするというシンプルなものだ。日本メインでリリースしているにもかかわらず、台湾でのダウンロード数の方が高いというアプリもあるほどだという。また、端末別のOS数ではAndroidがiOSに比べて圧倒的に高い

 「台湾全体として毎月約10億インプレッションある独自在庫のうち、その9割がAndroid。これはおそらく、台湾における端末のシェア率が反映されていると思われます。このため、台湾でのマネタイズではAndroidを中心に提案していく予定です。日本デベロッパーの台湾マネタイズにおけるNo.1のシェア率を狙います」(松本氏)

次のページ
目指すは、負担が少なくスムーズなマネタイズの実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

東城 ノエル(トウジョウ ノエル)

フリーランスエディター・ライター 出版社での雑誌編集を経て、大手化粧品メーカーで編集ライター&ECサイト立ち上げなどを経験して独立。現在は、Webや雑誌を中心に執筆中。美容、旅行、アート、女性の働き方、子育て関連も守備範囲。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/01/21 11:00 https://markezine.jp/article/detail/21489

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング