MarkeZine(マーケジン)

記事種別

知られざるAmazonポイント、中途半端な現状 なぜか公式よりもオトクなカードが

2015/02/07 14:00

 ECサイトでも盛んに活用されるポイント。消費者の立場に立って見直すことで、より商売繁盛につなげましょう。今回はAmazonポイントについて解説します。

Amazonにもポイント、実はあります

 楽天、ヤフー、リクルートなど、オンラインショッピングモールやオンラインショッピングサイトではポイントを付与している場合がほとんどです。では、オンラインショッピングモール最大手のAmazonはどうでしょうか?

 Amazonにもポイントサービスはあります。対象商品の場合は商品価格の下に、「ポイント:◯◯pt(△%)」と表示されています。

Amazonの例

 ただし、ほとんどの商品でAmazonポイントを獲得できることはありません。筆者もAmazonをよく利用しますが、Amazonポイントを獲得できたのはこれまでに数えるくらいしかありません。

 さらに、Amazonポイントを獲得できていたとしても、次にAmazonで購入した場合に自動的に消費されるため、ポイントを獲得したのかもわからないことが多いのです。ポイントの取材を受けるときに「Amazonってポイントありませんよね?」と聞かれるのはこのような理由からです。

 一度、Amazonポイントを獲得したことがあるのか「Amazonポイントの獲得・利用履歴」ページで確認してみてください。知らない間に獲得し、利用しているかもしれません。

●Amazonアカウントサービス > マイポイント(Amazonポイントの獲得・利用履歴)

Amazonポイント対象商品は

 Amazonポイントを獲得できる商品はどのような商品でしょうか? Amazonポイントのヘルプページに書かれていますが、「Amazonポイントが付与されない商品」に以下の2つが挙げられています。

  • 商品詳細ページにAmazonポイントについての記載がない場合、ポイントは付与されません。
  • Amazonマーケットプレイスの出品者が販売する商品の購入にはポイントは付きません。

 つまり、Amazonが直接販売している商品で、Amazonが選んだ商品にしかポイントが付かないということです。Amazonに出品していてもポイントは付けられないということになります。(続きはECzineで、会員登録が必要な場合があります)

【関連記事】
ポイント・オムニチャネルの勝者はどこだ 【セブン、楽天などポイント獲得シーン一覧表つき】
知られざるAmazonポイント、中途半端な現状 なぜか公式よりもオトクなカードが
auショッピングモールはau WALLETで買うべし ポイント還元率、驚異の6.5%の仕組みとは
面倒だけどなんとしても設定しておきたい Google アナリティクスのeコマース機能
BIツール「Tableau(タブロー)」とは? 使いかたとECサイトへの導入メリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5