SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

Jストリームと米Piksel社に聞く、国内外で急速に拡大するエンタープライズ企業の動画活用

海外でも社内向けでは「営業支援」「社内広報」に有効

ジョイス:社内向けの動画の活用では、大きく分けて営業支援、社内広報の2つの目的で活用されていると思います。具体的には、営業支援はトレーニングやノウハウの共有。社内広報は、社員のモチベーション向上や、トップのメッセージ発信などがあります。

 営業支援の例だと、健康食品を扱うハーバルライフでは、92カ国・320万人の販売員への商品情報や販売ノウハウの共有に、動画を活用しています。個々人の視聴履歴を追うと、実際によく見ている販売員ほど成績が良いというデータも出ています。

 各国に工場があるといった場合も有効です。航空機メーカーのエアバスは、製造拠点など約500カ所にデジタルサイネージを設置して、デスクを持たない従業員へも情報共有に活かしています。

 こうした使い方は社内だけでなく、代理店やパートナー企業との間でも十分可能です。どこかに集まってトレーニングや共有会をするより、コスト削減にもなります。

MZ:社内広報という点では、いかがですか?

ジョイス:例えばデルタ航空では、社長が社員へ毎週メッセージを発信しています。彼らはノースウェストを買収しましたが、組織の合併などの際には社内が揺らぎやすいものです。それを防ぎ、企業の推進力を高めています。

 社内を一体化させ、強い組織を作る目的では、実は当社Pikselでも動画を使っています。我々も世界中の動画関連企業23社がひとつになってできあがっていて、5カ国8オフィスで運営しています。そこで「Piksel TV」という動画チャンネルで、毎日のように個々の社員の動きを紹介しています。

今まさに国内でも拡大している社内向け動画配信

MZ:では竹見さんにうかがいますが、国内でも社内向けの動画活用が進んでいるのでしょうか?

竹見:ええ、先進的な企業ではすでにかなり進んでいると思います。当社のクライアントでも、メディア企業から一般企業まで幅広く使っていただいています。目的としていちばん多いのは、やはり教育による営業支援ですね。エンジニアのスキルアップのための研修動画から、優秀な営業マンの商品紹介の仕方を共有するなど、いろいろな使い方があります。

 トップメッセージのライブ配信もご要望が多いです。テキストと違って情緒的な情報まで含めて伝わるので、年頭の挨拶などは数多く協力しています。

MZ:具体的な事例はありますか?

竹見:例えば携帯キャリアショップを展開するITXさんでは、当社の動画配信プラットフォームを活用して、全国拠点の社員が利用する社内SNSで、従業員が自らモバイル機器などで撮影したセールストークや店舗紹介などの動画を共有されています。

MZ:特に社内広報が目的だと、広報部や総務部が扱うことになるのでしょうが、IT関連にはそこまで明るくない印象があります。

竹見:まずマーケティングや販促部門などが社外への動画活用を始め、その効果に注目して社内も、という流れで関心が高まっていますが、たしかにご指摘の点を懸念されることはあります。その点でも、プラットフォームの使いやすさを評価してもらい、活用されるケースがほとんどですね。

次のページ
動画プラットフォームに求められる使いやすさとセキュリティ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/03/20 12:29 https://markezine.jp/article/detail/21974

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング