SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

イベントレポート

Optimizely、「Optimizely Personalization」をリリース

Optimizely Personalizationの4つの機能

1.データ統合(connect data)

 データ統合では、Optimizelyが収集するタグ経由の行動ログ、企業が保有するファーストパーティデータ、また各種サードパーティデータから集まったデータ群をつなげ、パーソナライゼーションのためのセグメントデータとして利用できる。

2.オーディエンスの発見(Discover audiences)

 オーディエンスの発見においては、収集・統合したデータをもとに、ユーザーの状況を可視化するインターフェイスが提供される。各セグメントの行動・活動状況やどれくらいのユーザーが存在するかをチェックすることができ、パーソナライズ対象としたいユーザーのセグメントをセットすることが可能。

 さらにマシーンラーニングの機能を搭載し、パーソナライズすべきセグメントを自動的にレコメンドしてくれるRecommend Audiencesも用意され、マーケターに気づきを与えるとのこと。

3.エクスペリエンス最適化(Optimize experiences)

 エクスペリエンス最適化は、本製品の中心部といえる。選択したユーザーセグメントに対して、パーソナライズ表示のセッティングを行う。セッティングのフローは次のとおり。

  1. ユーザーのセグメントをセット(複数セット可能)
  2. パーソナライズ対象のページをセット(複数ページの選択可能)
  3. ビジュアルエディター上で変化させる箇所をGUI操作で簡単に変更可能
  4. 管理画面上でパーソナライズをスタート!

 特にパーソナル表示設定がビジュアルエディターを通じてとても簡単に行えるのが特長だ。これまでのパーソナライズツールに比べ物にならないシームレスさやスケールの大きさを感じざるをえない。

 なお、パーソナライズのコンテンツバリエーション設定は、デスクトップおよびスマホそれぞれの画面サイズに対応させることができる。ビジュアルエディター上で、レスポンシブデザインに対応することができ、画面解像度のスライダーによって各サイズのディバイス表示の確認および設定も可能だ。

4.成果の計測・理解(Understand impact)

 成果の計測・理解においては、パーソナライズ表示をしたセグメントユーザーごとの成果計測を行う。各セグメントにて、非パーソナライズ状態とパーソナライズ状態の差をリフト率によって評価。コンバージョンのアップ率や設定によってもたらした金銭的なインパクトの上昇率も測ることができる。

パーソナライズの成果レポートの表示画面
パーソナライズの成果レポートの表示画面

 なお、本パーソナライゼーションツールでは動的なページにも対応。リアルタイム性も確保されており、例えばファッションEコマースサイトで「バック商品を閲覧した後にトップページに戻ると、バックの画像がメインに表示されている」などの即時パーソナライズのデモも行われた。

 さらに、今後早々にスマホアプリにも対応予定とのこと。ウェブ用のタグおよびアプリ用のSDKは既存のA/Bテスト用Optimizelyタグ・SDKと共有することができるので、既にOptimizelyを利用しているサイトにおけるタグの追加やSDKの追加は不要となる。

 A/Bテスト専業サプライヤーとして認知されていたOptimizelyが、大きく舵を切り第二の製品をローンチしたことは、各国のマーケターに驚きを与えた。Optimizelyは今後A/Bテストの枠を超え、保有する技術・顧客・パートナーの資産をフル活用し、ユーザーエクスペリエンス全体を最適化するプラットフォーマーとしての道を歩んでいくのだろう。

Optimizely Personalizationのベータテスト申請はこちらから行える。申請制となるが、いち早く操作をしたい方には早めに登録することをおすすめしたい。(筆者は早速登録済みだ)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
イベントレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

野口 竜司(ノグチ リュウジ)

株式会社ZOZOテクノロジーズ VP of AI driven business 文系AI人材として様々なAIプロジェクトを推進。AIによるビジネス推進とAIネイティブ組織作りに力を入れている。大学在学中に京都発ITベンチャーに参画し子会社社長や取締役として、レコメンド・ビッグデータ・AI・海...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/06/29 14:00 https://markezine.jp/article/detail/22674

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング