SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

定額制音楽ストリーミングサービス認知度1位は「LINE MUSIC」/サービス出揃い待つ層も

 ジャストシステムの「定額制音楽ストリーミングサービスに関するアンケート調査」によると、定額制音楽ストリーミングサービスについて「利用している」「利用を検討している」「興味がある」と回答した人のうち、「知っている」※1と答えた人が最も多かったサービスは「LINE MUSIC」(73.3%)、次いで「dヒッツ」(66.4%)、「レコチョクbest」(65.3%)だった。

 定額制音楽ストリーミングサービスについて「利用を検討している」「興味がある」と答えた人に、利用に至らない理由を聞いたところ、「サービスが出そろうまで様子を見たい」と答えた人が最も多く(60.7%)、次いで「スマートフォンの通信量が気になる」(58.5%)、「曲が手元に残らないのが不満」(44.7%)だった※2。

 また、日本に進出すれば利用したい海外の定額制音楽ストリーミングサービスについてたずねたところ、Android利用者では「Google Play Music」(30.4%)が最も多く、次いで「Apple Music」(20.5%)だった。iOS利用者では「Apple Music」(36.4%)、次いで「Google Play Music」(29.0%)だった。「Spotify」については、Android利用者では17.0%、iOS利用者では18.7%が日本に進出すれば利用してみたいと回答している。

 ※1:「利用している」「知っていて、利用を検討している」「知っているが、興味はない」の合計。
 ※2:「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

 【調査概要】
 期間:2015年6月25日(木)~6月27日(土)
 対象:10代~50代の男女、564名

【関連記事】
エイベックスとCAが手掛ける定額制音楽配信サービス「AWA」、100万ダウンロード突破!
定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」、公開から2日で100万DL突破!
電通デジタル・ホールディングス、音楽ストリーミングサービスのSpotifyへ出資
ビルボードジャパン、音楽チャートにYouTubeの再生回数を合算
トライバルメディアハウス、音楽マーケティング専門部署を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/07/06 10:00 https://markezine.jp/article/detail/22723

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング