SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Webコンテンツの多言語化を簡単に実現する「SDL Tridion」、富士通グループ会社が提供開始

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、世界で700社以上に導入実績のあるグローバルWebサイト構築基盤「SDL Tridion (エスディーエル・トリディオン)」(開発元:英国SDL PLC)を9月28日に販売開始した。同サービスはWebコンテンツを迅速かつ多言語で配信・管理することで、グローバルレベルでのブランディング向上を実現する。

 昨今、ビジネスのグローバル化に伴い、グローバルレベルで企業のブランディング向上を実現する一貫性のあるグローバルWebサイトが必要不可欠となっている。しかし構築にあたり、多言語化への対応やグローバルサイトと各国のローカルサイトの両立など、技術や費用などの面から容易に実現できないのが現状だ。

 今回同サービスではマスターサイトを継承することで、グローバルで統一された各国、各地域のWebサイトが構築でき、運用コストの低減、短期間での導入を実現。あわせて、多言語Webサイトの更新も迅速に行える。また、グローバルで統一して管理する部分とローカルで管理する部分を分割し管理できるので、国や地域に合わせたWebサイトの構築が容易となった。

【関連記事】
約6割はメールマガジン内URLのWebサイトを見たことがある【マイボイスコム調査】
関西テレビ、アドビのWebコンテンツ管理ソリューションを採用~サイトの運用フローを効率化
オススメしたい好きなWebサイトは?トップ3はANA/味の素/無印良品に【トライベック調査】
アライドアーキテクツ、ファンサイト構築システムを搭載したDMP「BRANDCo」提供開始
ロックオン、BtoB向けECサイト構築パッケージ「EC-CUBE B2B」リリースへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2015/09/29 17:15 https://markezine.jp/article/detail/23151

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング