SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日産、自社の最新技術から着想した“自動で元の位置に戻るイス”を公開

 日産自動車は、駐車の際に自動でハンドルを操作しドライバーをサポートする同社の車両搭載技術「インテリジェントパーキングアシスト」から着想したイス、「INTELLIGENT PARKING CHAIR」を公開した。

 「INTELLIGENT PARKING CHAIR」は、自動で自ら定位置に戻るイス。ローラーを内蔵した脚部により自動操舵で360度移動できるイス本体と、イスに向けて移動位置を指示するシステムから構成されている。同製品を導入した会議室等では、天井の四隅に位置をモニタリングする感知器を設置し、そこから得られる「トップビュー」を無線でイスに伝えることで、あらかじめ指示した「駐車場所(定位置)」へと移動できるようになる。これにより、煩わしいイスの整理が不要となる。

 この取り組みは、「技術の日産が、人生を面白くする。」というコーポレートメッセージを具現化する技術プロモーションのひとつ。日産自動車の最新の車両搭載技術が、身近な日々の生活に加わったらどうなるか? その具体的な例をきっかけに、日産の技術の魅力を伝えることが目的。

 なお、実際のイスの制作は、インタラクティブカンパニー「BIRDMAN」が担当する。

【関連記事】
岡村製作所・TBWA HAKUHODO等、立ち座りの回数などを把握できる“デスク連動アプリ”を開発
カヤックとサカワ、ハイブリット黒板アプリ「Kocri」でイノベーション創出を目指し業務提携
サンスターのデジタルデバイス 「G・U・M PLAY」、ティザーサイトとムービーを公開
子どものまなざしをスクリーンの中から現実世界に引き戻す、「タブレットボット・TABO」登場
電通アイソバー、グローバルネットワーク13か所で展開するテクノロジー・ラボを日本で始動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/02/18 09:00 https://markezine.jp/article/detail/23934

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング