SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第77号(2022年5月号)
特集「デジタルで進化するテレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Domoが、あらゆるビジネス運営のあり方を変革する、無料のBusiness Cloudを提供

 Domoは米国時間3月22日、ユタ州にて「Domopalooza」を開催。「Business Cloud」の提供を発表した。同ソリューションはBusiness CloudはDomo Apps、視覚化、アラート、企業ディレクトリ、組織図、プロファイル、タスク、Domo Mobileなど、Domoプラットフォームのすべての機能を無料パッケージで利用できるもの。

 同時発表された新しい無料ソーシャルコラボレーションプラットフォーム、Buzzと組み合わせることで、規模に関係なく意思決定者はツールにアクセスしてビジネスを運営できるようになる。

 また、ビジネス管理アプリケーションのエコシステムを活用することで、パーソナライズも可能。意思決定者は各自の役割や業界特有のビジネス課題に対する答えを見つけることができるようになる。

 ジャシュ・ジェイムズ氏はBusiness Cloudの提供について、「意思決定をリアルタイムで行うためにはデータのパワーが非常に重要であり、そのようなデータの利用をごく一部の人だけに制限すべきではありません。当社は常に、Domoをすべての人に利用できるようにすべきだと考えてきました。そして過去5年間という年月と数百万もの工数を費やし、多大な努力によって、最も複雑なソフトウェアの一部を完全にセルフサービス化し、簡単に使えるようにしました。Domoのフリーミアムモデルは、当社のプラットフォームに関する堅固なエコシステムとコミュニティを構築するために役立ちます。そうした発展が今後当社のお客様にどのような効果をもたらすか、とても楽しみです」と語っている。

 なお「Domopalooza」では他にも、1,000本の新しいDomo Appsが揃う「Domo Appstore」や、開発パートナーを支援する「Domo App Publisher Partner Program」の開始、さらに、エコシステム構築に向けて、5,000万ドルの資金投資を行うことなどが発表された。

【関連記事】
トランスコスモスがDomoと協業、企業内外に散在するデータ統合・活用のトータル支援を開始
Kaizen PlatformがDomoと連携、顧客所有のデータと接続してマーケティング効果可視化
Domo、ビジネス管理プラットフォーム主要機能を公開 視覚化で迅速な意思決定を支援
freeeがZuora提供のサブスクリプション・ビジネスの収益向上プラットフォームを導入
良品計画がウイングアーク1st「MotionBoard Cloud」を導入、商圏分析に活用へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/03/30 13:30 https://markezine.jp/article/detail/24195

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング