SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IMJ、チャットボット活用を支援するコンサルティングサービス開始

 IMJは7月13日、Facebook MessengerやLINE、その他の各種対話型インターフェースにて、BOTを通じた企業のオウンドサービスやコンテンツの提供を支援するコンサルティングサービスを開始した。

 これまで企業がオウンドメディアを起点に、顧客とコミュニケーションの接点を作り出してきた。同社は今後、オウンドメディアを活用するために企業が個々のBOT、いわゆる「オウンドBOT」と呼べるようなBOTを持ち、窓口としてコミュニケーションを図る時代への変革が来ると予想している。

 同社はこの変革に対応するため、人工知能技術への深い理解力に加え、「デジタルマーケティングの戦略・実行力」「ソーシャルメディアのプランニング力」「ユーザーエクスペリエンスの設計力」の知見、ノウハウによる支援サービスを展開するに至った。

 具体的なサービス内容としては、企業にあった最適なBOTの選定、活用プランの提案を行い、導入後の運用とレポーティングを行う。また、オウンドBOTの開発は、Facebook MessengerやLINEでの提供だけでなく、ソフトバンクロボティクスが開発・提供する人型ロボット「Pepper」やAmazon Echoといったその他のサービスの支援にも対応する。

【関連記事】
Resolaとアディッシュ、LINE等に対応したチャットボットサービス「RebotFAQ」を提供開始
LINE、APIオープン化に先駆け「BOT API Trial Account」の無償提供を開始
リクルート、汎用機械学習プラットフォーム提供する米DataRobotへ出資および、AI研究で業務提携
インティメート・マージャー、不正広告対策ソリューション「IM Fraudbuster」をリリース
Logicad、不正広告対策ツール「Black Heron」へ接続、無駄な広告費を削減

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2016/07/14 08:30 https://markezine.jp/article/detail/24805

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング