SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ジャストシステム、消費者インサイトを探るチャット式インタビューサービス「Sprint」をリリース

 ジャストシステムは、本日8月1日、新たな定性調査手法「Sprint」をリリースした。

 「Sprint」は、消費者インサイトを探る定性調査を可能にするチャット・インタビューサービスだ。希望するモニタを5分で探し出し、続けて30分間の1対1のインタビューを実施。インタビュー終了と同時にテキストと動画データなどを受け取ることができる。

調査のモニターイメージ
調査のモニター画面イメージ

 同サービスの特徴は、対面を条件とせず画像や音声を排除することで参加可能なモニタの母集団が増加したことにある。顔を見せたくないモニタや会場に出向くことが難しい属性のモニタにもリーチでき、本来インタビューしたかった属性の一般消費者から話を聞くことができる。また、従来のインタビュー調査と比較して時間や手間、会場費などのコスト削減にもつながる。

 同サービスでは、テキストチャットの入力時間にモニタの観察・分析ができるほか、入力過程も観察できるため、インタビューの進行とモニタの観察・分析が両立が可能に。インタビュー時のバイアスを最小限にし、モニタから本音を引き出せる仕組みとなっている。

【関連記事】
10代の約半数が「SNOW」を利用/10代で主流になりつつあるSNS検索【ジャストシステム調査】
「広告は不快ではない」複数アカウントを持つTwitterユーザー約3割が回答【ジャストシステム調査】
10代の7割、最も利用する情報収集源は「SNS上の投稿やニュース」【ジャストシステム調査】
インスタグラム、企業タイアップ投稿をよりわかりやすく明記へ~インサイト分析ツールも提供
Datorama、人工知能「Datorama Genius」を発表 データ分析からインサイトを提案

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2017/08/01 11:45 https://markezine.jp/article/detail/26870

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング