SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Funnel1でマーケティング課題を解決!(PR)

キリンとSupershipが太鼓判!広告主課題とベンダー提案の“ズレ”をなくす新プラットフォーム

 「もう少し、うちの課題に合った提案をしてくれれば」という広告主の要望。「どうすれば、広告主の課題にもっと踏み込んだ提案ができるのか」というベンダーの課題。これら両社の悩みを解決し、より良いマッチングを実現するプラットフォーム「ファネルワン チャレンジ」がプレローンチした。参加する広告主企業からキリンの島袋孝一氏に加え、広告主とベンダーの両方の立場の経験者であるSupershipの中村大亮氏を交え、広告主とベンダーの理想的な関係を考える。

課題と提案をマッチングする「ファネルワン チャレンジ」

写真左から、Supership 中村大亮氏 キリン島袋孝一氏 新洋 田中洋一氏
写真左からSupership 中村大亮氏 キリン島袋孝一氏 Funnel1 田中洋一氏

押久保:「MarkeZine」ではもう10年以上、デジタルマーケティングの情報を発信していますが、この1年ぐらいで編集部に問い合わせいただく人の幅が急に広がった印象をもっています。まさにこれから勉強を始める方、しかも、切迫感をお持ちの方が多い印象です。

中村:それだけ、デジタルの裾野が広がったということですね。

押久保:そう思いますね。この領域はとにかく加速的に進化していて、日々勉強している方でもキャッチアップするのが大変なので、これからという方にはよほどだろうと。そう感じていたところ、田中さんからファネルワン チャレンジの話を聞き、時流に合ったサービスだと思ったのです。簡単に、田中さんから概要を紹介いただけますか?

田中:ひと言でいうと、広告主とベンダーをマッチングするプラットフォームです。広告主は部署ごとに登録でき、課題の粒度はそれぞれでご判断いただきますが、現状の課題を入力し公開できます。ベンダーはそれらを確認し、どの課題なら自社のサービスで解決できるかを考えたり、より実情を踏まえた提案をしたりすることができます。

 現状ではキリンさんをはじめとして、こうした新規サービスのトライアルに積極的な6社さんに、最初の広告主として登録いただいています。ベンダーは60社ほどが登録している状態で、年内に150〜200社程度まで増やしたいと思っています。

参画した広告主
ファネルワン チャレンジ参画企業

星の数ほどあるサービスから解決策を選ぶには

押久保:今はプレオープン段階と聞いています。

田中:そうですね。まずは6社が公開する課題にどんな提案が集まるか、利用状況を把握しながら、今後のモデルケースとなるような成功事例を生み出せればと考えています。また、広告主側の使い勝手も短期間で改善していきます。

押久保:そうなんですね。今回の座談会では、ファネルワン チャレンジの提供社であるFunnel1の田中さん、キリンから島袋さん、そしてキリンのビジネスパートナーであるSupershipから、広告主とベンダーの双方の立場を知る中村さんを交えて、広告主とベンダーの間にある課題と、その突破口を考えてみたいと思います。

 まず田中さん、サービス立ち上げの背景をうかがえますか?

田中:まさに最初にお話があった、この領域の進化が速すぎるということがひとつの大きな理由です。カオスマップもベンダーの数が増えすぎて、各社の製品・サービスの強みをそれぞれすべて把握することは、現実的に考えて無理だと思います。日々新しいソリューションが誕生していますが、広告主が自社の課題に本当にマッチしたものを選ぶのはとても難しいと思います。

 同時にメディアや生活者の多様化も進み、広告主の課題も本当に千差万別です。ベンダーも、どのような提案をしていいのかポイントが掴めない。結果的に、自社の話が中心の売り込みになってしまう。中村さんは両方のお立場を経験されていますから、よくご存知ですよね。

中村:わかります。ブランド側にいたときは、電話を受けてちょっと聞けば「あ、すみませんがそれはまったくうちの課題に合致しません」ということも多かったです。でも、ベンダーや代理店から「御社の課題はなんですか?」と聞かれても困る。粒度が読めないからです。

2017年11月末まで無料キャンペーン! ファネルワン チャレンジ(Funnel1 Challenge)で先進的な広告主に提案したい企業はこちら

次のページ
「課題は何?」と聞かれても答えられない

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Funnel1でマーケティング課題を解決!連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア部門 メディア編集部 部長/統括編集長1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、『MarkeZine(マーケジン)』の立ち上げに参画。2006年5月のサイトオープン以降、MarkeZineの企画・運営を一貫して担当。2011...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

高島 知子(タカシマ トモコ)

 フリー編集者・ライター。主にビジネス系で活動(仕事をWEBにまとめています、詳細はこちらから)。関心領域は企業のコミュニケーション活動、個人の働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング