MarkeZine(マーケジン)

記事種別

サーフィン・スケボーでケガした君に出血サービス!豪アウトドアショップの斬新ディスカウント施策

今日紹介するのはサーフィンやスケボーを楽しむ人々のインサイトを巧みに刺激するハッシュタグ施策。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2017年
 国名:オーストラリア
 企業/ブランド:Ozmosis
 業種:小売

サーフとスケボーでは「イタい」やつがエラい!

 オーストラリアのアウトドア用品ショップ・Ozmosisが実施している斬新なディスカウント施策「#PayWithPain」をご紹介。

 サーフィンやスケートボードなどのアウトドアスポーツでは、難易度の高いトリックに果敢にチャレンジするほど傷を負ってしまうことがしばしば起こります。そこに目を付けたOzmosisは、その傷を“勇敢なプレイヤーの勲章”と捉え、お店に提示してもらうことでディスカウントするプログラムを始めました。

 具体的には、InstagramまたはFacebookにてハッシュタグ「#PayWithPain」とアカウント「@OzmosisAustralia」へのメンションをつけ、傷の写真を送信すること。するとオンラインショップでのディスカウントコードを入手できる仕組みです。同時に、$5,000相当の商品が当たる抽選への参加券が得られます。

 さらに、店頭で$80分の商品を購入して傷をレジで見せると、次回Rip Curlブランドの商品購入時に20%OFFになるというディスカウントプログラムもあります。

 特設ページでは、実際に「#PayWithPain」ハッシュタグがつけられた投稿もランダムで見られるようになっています(ハッシュタグで抽出しているためか、キャンペーンと関係のない数年前の投稿も見られます)。下記のようにInstagram投稿用のパネルを用意して、店頭での撮影機会も演出しています。

先週の紹介キャンペーン

リアリティ番組の手法で空港の「暮らしやすさ」訴求!中国人俳優がヘルシンキ空港30日間生活にチャレンジ

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5