SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

MicrosoftのYahoo!買収に、中国最大のIT企業アリババと中国政府も注視

 ジャック・マー氏を創設者とするアリババは、世界と中国国内でトップシェアを誇るB2B(企業間電子商取引)オンライン・マーケットサイト「アリババ・ドット・コム」で大成功を収め、「中国Yahoo!」も運営する一大グループを形成。このアリババ・ドット・コムの株式の約39%を米Yahoo!が保有していることから、MicrosoftのYahoo!買収げ実現した場合の影響について、アリババに対して中国政府から問い合わせがあったという。

 日本でもB2Bのオンラインマーケットサイトを公開しているアリババ・ドットコムは、2007年11月に香港証券取引所に上場。これによって、大株主のひとつであるソフトバンクの2007年第3四半期に572億2300万円の投資利益をもたらした。今年はソフトバンクとアリババの日本での本格的なビジネス展開が予定されているだけに、GoogleやNews Corp.も名乗りをあげた米国での買収交渉のゆくえに世界中が注目している。

【関連リンク】
GoogleがYahoo!に救済提案、米司法省は反トラスト調査、ヤフーとソフトバンク株も急騰
米Yahoo!、米Microsoftの買収案を「過小評価」として拒否
ビル・ゲイツの最後の一手、MicrosoftがYahoo!に買収提案
中国BtoB最大手、アリババが日本語版サイトをオープン
スピルバーグ氏、北京五輪の芸術顧問を辞任?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/18 22:30 https://markezine.jp/article/detail/2732

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング