SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』特集

セガゲームスが展開するシニア層向けサービス

 家庭用ゲーム機、PC、およびスマートデバイス向けゲームまで幅広く、時代を超えて人気のタイトルを数々開発してきたセガゲームスが、2016年3月にシニア向けWebサービス『シュミカツ!』を立ち上げた。積極的に様々な趣味を楽しむシニアから、きっかけを探しているシニアまで、有益な情報記事によるきっかけ作りと、趣味を楽しむための活動記録機能を提供する。少子高齢化が進む中、シニアマーケットへの期待が高まっているが、『シュミカツ!』は同社のシニア向けサービスの中核となるのか。またシニア層をWebサービスに集客するため、どのような施策を取っているのか。

 ※本記事は、2017年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』23号に掲載したものです。

セガゲームスが展開するシニア向けWebサービス

(左)株式会社セガゲームス社長室 シュミカツ! 事業ユニットプロジェクトリーダー倉辻 俊幸氏
(右)株式会社セガゲームス社長室 シュミカツ! 事業ユニットビジネスプロデューサー植中 浩介氏

株式会社セガゲームス社長室 シュミカツ! 事業ユニットプロジェクトリーダー
倉辻 俊幸(くらつじ・としゆき)氏

1995年セガ・エンタープライゼス(当時)入社。アミューズメント施設の運営・企画を経てIT活用を推進。その後、主にITを活用した非ゲーム領域の新規事業開発を担当し、複数の事業立ち上げに携わり、社長室に異動。2014年よりアクティブシニアを対象にした新規プロジェクトをPJリーダーとして立ち上げ、2016年3月のサービスインと同時にセガゲームスに異動。現在に至る。

株式会社セガゲームス社長室 シュミカツ! 事業ユニットビジネスプロデューサー
植中 浩介(うえなか・こうすけ)氏

1996年セガ・エンタープライゼス(当時)入社。入社後10年間アミューズメント機器販売をはじめ、アジア事業推進、ダーツ事業を行うナイトマーケットにて、販売、営業企画推進、新規市場開拓と一貫して営業・販売業務に従事。その後、株式会社セガ社長室に異動。シニア向け新規事業の立ち上げから事業企画、企業提携営業と事業面全般を担当し現在に至る。

――2016年3月にシニア向け事業ということで立ち上げた『シュミカツ!』ですが、まずこのサービスの概要を教えていただけますか。

倉辻:『シュミカツ!』は、趣味や余暇を楽しみたいと考えている主に50代以上のアクティブシニアの方を応援するWebサービスで、2つのサービス領域で構成されています。1つは、日常生活や趣味を楽しむための「信頼できる記事や情報」です。『シュミカツ!』のサイトをご覧いただくと、「旅」「健康」「グルメ」「園芸」「学び」「鑑賞」と6つの趣味領域にひもづく記事を掲載し、情報サイトとして楽しめます。

もう1つのサービスは「自分の趣味の記録帳」です。ウォーキングや旅、園芸などいろいろな趣味がありますが、中には「毎日どれくらい歩いたか」「どこに行って、何を食べたか」などの記録を付けている方も多くいらっしゃいます。『シュミカツ!』では、そんな趣味の活動をWebサイトで簡単に記録できる「シュミロク」機能を展開しています。ただし、シュミロクの利用に際しては、無料の会員登録をしていただくことが条件となります。

――趣味の記事を読んで楽しむこともできるし、自分の趣味をより深く追求するために、記録を付けることもできるのですね。

倉辻:そうですね。『シュミカツ!』では、まず信頼できる趣味の様々な情報を提供することで、ユーザーの方へ「これをやってみたい」という期待感を醸成します。こうすることで、趣味活動への行動を促すわけです。そして、楽しかった体験を記録していく。記録することで、その趣味への継続意欲が湧き、モチベーションもより高まっていきます。そしてまた、新しい情報を『シュミカツ!』で閲覧する……というように、趣味を楽しむサイクルを促進するように設計しています。

――2017年9月現在、サイトのPVや会員数はどれくらいの規模なのでしょうか。

倉辻:シニア世代の方を集めてそのニーズを汲み取り、次の事業やサービスに生かしていきたいという思いで始めたので、単純なPVなどの閲覧数はあまり意識していません。最も重要視しているのは、そこから会員登録をしていただくことです。サービスを開始して約1年半になりますが、月間で約10万ユニークユーザーの方が利用され、会員登録数は2万5,000というサイト規模です。

植中:年代別に見ると、会員の9割が50代以上の方です。これは事業開始時の狙いどおりで、現在も順調に会員が増えています。

セガゲームスが運営する『シュミカツ!』

この記事は定期誌『MarkeZine』購読者限定です。お申し込みをされますと続きをお読みいただけます

次のページ
シニアマーケットを開拓する理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
定期誌『MarkeZine』特集連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

安成 蓉子(編集部)(ヤスナリ ヨウコ)

MarkeZine編集部 編集長 1985年山口県生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。専門商社で営業を経験し、2012年株式会社翔泳社に入社。マーケター向け専門メディア『MarkeZine』の編集・企画・運営に携わる。2015年、副編集長に就任。2016年、定期誌『MarkeZine』を創刊し、年間契約者向け有料サービスを開始。編集業務と並行して、出版社・ウェブメディアの新しいビジネスモデル構築に取り組んでいる。2019年4月、編集長就任。プラ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

岩崎 史絵(イワサキ シエ)

リックテレコム、アットマーク・アイティ(現ITmedia)の編集記者を経てフリーに。最近はマーケティング分野の取材・執筆のほか、一般企業のオウンドメディア企画・編集やPR/広報支援なども行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング