MarkeZine(マーケジン)

記事種別

格安SIM乗り換えはデータ通信利用に影響するのか?

2017/12/20 07:00

 ここ数年間でMVNO・格安SIM(以下、格安SIM)の契約数が増加している。月額の利用料金が安くなると、docomo・au・ソフトバンクの大手キャリア3社(以下、大手キャリア)から格安SIMに乗り換えるスマートフォンユーザーも多い。しかし安さがゆえに、格安プランのデータ容量制限内に収まるよう通信量を節約している、というユーザーも少なくないだろう。データ通信利用の実態と意識について調査した。

 ※本記事は、2017年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』23号に掲載したものです。

格安SIMの利用状況は

 はじめに、全国の15〜69歳のインタ―ネットユーザー10,000人の、格安SIMの利用状況を確認した。

 現在プライベートで主に利用している携帯電話・スマートフォンの契約先は大手キャリアが82%と大半を占める一方、格安SIMは14%だった。格安SIMの契約先はY!mobile、楽天モバイル、mineoが上位3社であった。なお、格安SIMの認知率はY!mobile、楽天モバイル以外に、UQmobile、イオンモバイル、LINEモバイルが上位に入っていた。

▼調査レポート
『格安SIM乗り換えはデータ通信利用に影響するのか、調査を実施』(HoNote)


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5