SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

IDCフロンティアとデータアーティスト、ユーザーの興味を抽出・分析できるAI搭載のDMPを開発

 IDCフロンティア(以下、IDCF)とデータアーティストは、ユーザーの興味関心を高精度で抽出・分析することができるクラウド型のプライベートDMP「Pleasure Data(プレジャーデータ)」を共同開発した。

「Pleasure Data」のサービスイメージ
「Pleasure Data」のサービスイメージ

 「Pleasure Data」は、メディアやコンテンツ事業者向けのプライベートDMP。自社でインフラ構築が不要なクラウド型のサービスである。コンテンツへのタグを設置するだけでサイトからのデータ収集を開始し、機械学習によるデータベースの自動構造化と、AIによるコンテンツ分析やペルソナとカスタマージャーニーの抽出・可視化を行う。

 データ蓄積・分析のプラットフォーム部分の開発は両社で行っており、その他の「IDCFクラウド」を活用したインフラ面をIDCFが、AI技術をデータアーティストがそれぞれ担当している。「Pleasure Data」は最短約2週間での導入が可能で、インフラ初期投資を抑制すると共に、AIを活用することで人手に依存する分析時間を約10分の1まで削減することができる。

【関連記事】
サイバーエリアリサーチとDA、変化するユーザー行動をリアルタイムにターゲティング可能に
UI/UX解析ツール「USERDIVE」、データアーティストのLPOツールと連携
テクロコのLP作成ツールとデータアーティストのLPOツールが連携、LPの「多変量テスト」を実現
グレイプとニッポン放送、アドテクを活用し年末特番企画の発信へ 
DACの「AudienceOne Discovery」、エリアマーケティング用の統計データを拡充

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング