SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第103号(2024年7月号)
特集『ターゲティング大変革期の到来 規制・制限の向こう側から、押し寄せる「良波」が見えてきた!』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

キヤノン愛好家の写真を『Googleローカルガイド』に!CANONのスモールビジネス応援キャンペーン

すばらしい性能のカメラを持っていることで、地域社会に貢献できるとしたら? デンマークのキヤノンが展開し、同社のインスタグラムアカウントのフォロー数を一挙に伸ばしたキャンペーンをご紹介します。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日に更新です。

キャンペーン概要

 時期:2018年
 国名:デンマーク
 企業/ブランド:Canon
 業種:デジタル機器

Canonのカメラで小さなお店を応援しよう

 美味しいレストランや行きたい場所などをGoogleで検索するとき、多くの人は表示される画像を参考にすると思います。

 大手企業であれば、ユーザーの目を惹きつける魅力的な写真を多数用意していますが、個人が経営するような店では、予算の関係上なかなかそうはいきません。その場所を訪れた人からの投稿画像がアップされているものの、そのほとんどがスマホで撮影した画像であり、プロモーション用の写真と比べると、やはり見劣りしてしまいます。

 そんな状況を受けて立ち上がったのが、デンマークのキヤノン。同社のカメラを愛用するファンに協力を仰ぎ、Googleマップ上の場所や店舗などについて写真を共有したり、口コミを投稿する『Googleローカルガイド』として、クオリティーの高い写真を提供してもらうことにしたのです。

 この取り組みにはなんと22,000人ものキヤノン愛好家が参加し、投稿された写真は32万7,000枚以上。驚くべきことに、ローカルガイドで紹介されたお店のおよそ半分近くで、売り上げがアップしたといいます。

 その後レストランや小売店だけでなく、教育業界にも写真が提供されるようになると、これを受けてGoogleは検索アルゴリズムを変更。より質の高い写真が検索結果の上位に示されるようになったそうです。

 『自分が撮った写真を多くの人に見てもらえる』というキヤノンユーザーのモチベーションを、Googleローカルガイドに上手く反映させた、非常にクレバーなキャンペーン。この施策により、キャノンのインスタグラムアカウントのフォロワー数も大幅にアップしたということです。

動画はこちら

先週の紹介キャンペーン

サッカーLIVE中継映像をYouTubeプレロール広告に!?契約者417%増のベルギースポーツTV局

 記事転載元:AdGang

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 健介(株式会社PR TIMES)(ヤマダケンスケ (PR TIMES))

著者Twitter著者Facebook●About / PR TIMES Inc ・プレスリリース配信サービス「PR TIMES」の運営 ・ブログマーケティングサービス「ブログタイムズ」の運営 ・WEBクリッピングサービスの提供●About / Vector Group コアバリューである「モノを広める」スキルを通じて、企業・消費者の皆様をマッチしたサービスを提供しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/06/27 08:00 https://markezine.jp/article/detail/27937

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング