SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

若者向けブランドリフト施策に新星登場! GIF動画活用最前線(PR)

GIF動画によるカード利用活性化狙った三井住友カード 継続的なバズで広告ROIは約5倍に

クリエイティブなGIF動画の活用で若い世代に高い訴求力を

――今回の「三井住友カード50周年キャンペーン」では、特に若い世代へ向けて三井住友VISAカードの認知度アップ、エンゲージメント向上も期待されたわけですが、GIF動画を活用することのメリットをどう考えますか?

福田:くり返しになりますが、見るのにストレスがかからず、データ量が大きくないのでスマホでの視聴に向いているGIF動画は若い世代に大きなアドバンテージがある施策だと思っています。

 それから瀬川三十七さん、大野太郎さんというすでにブランドとして定着しているクリエイター2人が当社のために作品づくりをしてくれたことも大きいですね。今回のキャンペーンでは瀬川三十七さんデザインの特製プリペイドカードを抽選でプレゼントしましたが、今後も人気のあるGIF動画クリエイターが手がけたクリエイティブを活用できないか考えていきたいと思っています。

 最初にお話ししたとおり、クレジットカードとしての認知度が、若い世代において伸びしろがあるというのが当社にとっての大きなテーマです。

 いい商品、いいサービスを提供していても、伝えるべき相手に伝わっていなければもったいない。たとえば「ポケット保険」「ゴルファー保険」というサービスがあるんですが、オンラインでお申込みいただくだけ会員が補償を受けられるものです。個人的にも非常に便利でお得なサービスだと思っていますが、アピール、PRが控えめなのか、お客様に充分に浸透していないんです。

 また「Vpassチケット」は宝塚歌劇、劇団四季、シルク・ドゥ・ソレイユなどの人気公演チケットを、クレジットカード会員の方々のためご用意し販売するサービスです。最新のブランドアイテムが割引価格で買える「V-collection」というECサイトもあります。これらも本当に便利でお得なサービスです。

 こうした会員さまに喜んでいただけるサービスを伝えるためにデジタルの施策を活用したいと考えており、その施策の1つとして、GIF動画の活用に今後も取り組んでいきたいと考えています。

 今回のキャンペーンで確かな手ごたえを感じるとともに、次回に活かしたい反省点としては、SNSや外部メディアから流入してきた会員を受けとめる特設サイトがなかったことですね。GIF動画の閲覧やSNSでの拡散でアクセスしていただいた会員が、サイトを訪問してもっと楽しめるようなコンテンツや交流のためのスペースを設けることができればもっとよかったと感じています。

 GIF動画なら、メールのなかに埋めこんでも容量や端末を気にすることなく、プロモーションに活かすことができます。会員さまとのコミュニケーションにおいて、エイプリルフールやゴールデンウィーク、お中元やお歳暮、ハロウィンやクリスマスなど時節に応じたプロモーションが不可欠なので、ぜひ試してみたいです。

 クレジットカード会員の新規獲得のための新しい施策も大きな課題です。今回は既存会員のクレジットカード利用額拡大に向けた施策でしたが、今後は新規会員獲得のためのキャンペーンにも応用できないか、考えていきたいと思っています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
若者向けブランドリフト施策に新星登場! GIF動画活用最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浦野 孝嗣(ウラノ コウジ)

 2002年からフリーランス。得意分野は経済全般のほかIT、金融、企業の経営戦略、CSRなど。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/03 10:00 https://markezine.jp/article/detail/28041

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング