MarkeZine(マーケジン)

記事種別

3大SNSのVIPをはじめ世界一流のリーダーが考える「エクスペリエンスの創造」とは

2018/04/18 09:00

 Adobeは、米国時間の3月27~29日に「Adobe Summit 2018」を開催した。今年のサミットのテーマは「Make Experience~顧客体験をビジネスの中心に~」だ。2日目のキーノートには、リチャード・ブランソン氏やJ.J.ワット氏をはじめ、世界の名だたるExperience Makerが登壇し、自身が創造し提供する「Experience」について語った。

NVIDIAのCEOが25年創造し続ける「エクスペリエンス」

 米国時間の3月27日から29日にかけて開催された「Adobe Summit 2018(以下、サミット)」。Adobeが今年のサミットでテーマとして掲げたのは昨年と同じく「Make Experience Your Business(エクスペリエンスビジネスの創造)」だった。そして同社は、エクスペリエンスビジネスの創造を主導するリーダーを「Experience Maker」と表現した。

 では、「Experience Maker」とは一体どのような役割を果たす人物なのか。そもそも、Experienceの創造とは一体何なのか。先行事例はどこにあるのか。

 「Experience Maker All-Star」と題し、複数のExperience Makerたちが登壇したサミット2日目の基調講演には、これらの疑問に対するヒントがあった。本稿では、Experience Makerの代表として登壇したリーダー達によるExperienceの考え方を紹介していく。

 基調講演の冒頭に登場したのは、アドビ CEO シャンタヌ・ナラヤン氏と、NVIDIAの創業者でありCEOであるジェン・スン・フアン氏。NVIDIAは、コンピューティングテクノロジーの領域においてリーダーシップを発揮している企業で、近年のAI飛躍の火付け役でもある

(左)アドビ 会長 社長 兼 CEO シャンタヌ・ナラヤン氏(右)NVIDIA CEO ジェン・スン・フアン氏
(左)アドビ 会長 社長 兼 CEO シャンタヌ・ナラヤン氏(右)NVIDIA CEO ジェン・スン・フアン氏

 今回のサミットで戦略的パートナーシップを発表したAdobeとNVIDIAだが、ジェン氏とシャンタヌ氏は友人でもあるそうだ。そんな2人の対談は、楽しく時には冗談も交えながら進んでいった。

 NVIDIAが創業したのは1999年。まだWindows3.1が出てきたばかりで、ゲームの市場も非常に小さかった頃だ。後にコンピューターグラフィックやPCゲーム市場の急成長を担うことになるNVIDIAだが、この当時からジェンは「いつか、みんながゲームを楽しむ日が来る」と思っていたという。

 時代の変化に伴い、テクノロジーが急速に発展すると、コンピューティング、PCゲームの市場は劇的に変化していく。これと並行したった3人からスタートした会社も拡大。世界有数の半導体メーカーへと成長を遂げた。

 25年前、まだ市場が小さかった時からゲームによるExperienceの創造に取り組んできたジェン氏。彼の先見の明は、驚きに値する。そして同氏は、これからExperienceの創造に挑戦する人々に向けて、次のようなアドバイスを示した。

 「自ら腕をまくり上げ、Experienceの創造に挑むためには、まずテクノロジーの発展を理解しなければなりません。これから成長していくテクノロジーの力や、その業界の人達を巻き込んで、一つひとつ階段を上るように会社を成長させていくのです」(ジェン氏)

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5