SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

国内動画リワード広告市場、2022年には378億円規模に拡大と予測【fluct調査】

 広告配信プラットフォーム事業を展開するfluctは、デジタルインファクトと共同で、国内動画リワード広告市場に関する調査を行った。2018年の国内動画リワード広告市場は、前年比約2.4倍の170億円、そして、2022年には2018年比約2.2倍の378億円規模に拡大すると予測される。

 動画リワード広告は、ユーザー承諾のもと、確実に広告主のメッセージを送り届けることができるため、ユーザー、コンテンツ、広告主の三者の信頼関係を醸成し得る可能性を持ち、引き続き高い成長性が見込まれている。また、動画リワード広告の広告主の多くは、ゲームアプリであるものの、最近は漫画アプリや音楽アプリなど、ゲーム以外の比率が高まってきており、広告主の業種や配信先アプリ媒体も拡大傾向にある。

【調査概要】
調査対象:国内動画リワード広告市場関連事業者(アドネットワーク、SSP、広告代理店など)
調査方法:fluctおよびデジタルインファクトが保有するデータ、事業者ヒアリング、公開情報
調査期間:2018年2月から3月
調査主体:fluct
調査機関:デジタルインファクト

【関連記事】
若年層ほど動画広告での態度変容が期待できることが判明【ニールセン デジタル調査】
グローバル企業のCMO425人中85%が動画広告への予算を増加すると回答【YouAppi調査】
2018年動画広告は1600億にまで拡大見込み 「2017年 日本の広告費」詳細分析【電通他調査】
ヤフー、チラシ等の素材を活用して動画広告が出稿できる「チラシビジョン」のスマホ対応を開始
最も不快感を持つのは「Webサイト」の動画広告【ジャストシステム調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/04/18 11:15 https://markezine.jp/article/detail/28270

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング