MarkeZine(マーケジン)

記事種別

オムニバス、インターネット行動ログを活用した「顧客インサイト分析サービス」の提供を開始

2018/07/26 11:15

 オムニバスは、ヴァリューズとクレディセゾンが共同開発したインターネット行動ログを用いた分析サービス「eMark+」を活用した「顧客インサイト分析サービス」の提供を開始した。

 「eMark+」は、クレジットカード会員から構成する約25万人のモニター会員(パーミッション取得済み)を対象にした、インターネット行動ログを用いた分析サービス。顧客がどのような競合サイトや関連サイトを閲覧し情報の選別を行ってきたのか、またサービスに直接関連しないものではどのようなサイトを閲覧しているかといったことがわかるため、自社サービス以外への興味関心も含めた多面的な顧客像の把握が可能だ。

 「顧客インサイト分析サービス」では、「eMark+」で得られるインサイトをもとに、専任のデータアナリストとクリエイティブディレクターが監修し、顧客ターゲットの再設定から、メッセージやクリエイティブ、メディアプランなどの広告配信設計まで、一貫したマーケティングプランの構築をワンストップで提供する。これにより、これまで自社データを中心に導きだしていた顧客インサイトを、競合他社やその他データと照らし合わせて設計することが可能となる。

「顧客インサイト分析サービス」
「顧客インサイト分析サービス」

【関連記事】
プルークスとオムニバスが連携 動画制作から広告配信までをワンストップに
オムニバス、不動産特化した広告パッケージの提供開始 セゾンDMPを活用
オムニバス、クレディセゾン保有の実購買データを活用した運用型広告を提供開始
クレディセゾンがオムニバスの株式を100%取得、セゾンDMPを活用したデータビジネスを本格化
ブルームーン、世界55ヶ国の訪日経験者にアンケートが行える「インバウンド・オムニバス」の提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5