MarkeZine(マーケジン)

記事種別

端末の向きから閲覧者の心理を分析!富士通、ECサイトにおいてAIを活用した顧客体験の実証実験を開始

2018/09/14 17:00

 富士通は9月14日、スポーツ用品小売チェーンのヒマラヤが展開するECサイトにおいて、AIによる心理分析に基づいた顧客体験の実証実験を行うことを発表した。

 9月19日から10月3日までの期間で行われる同実験では、サイト閲覧者が使用するモバイル端末の向きやタッチ操作の速度などから、AIが顧客の心理を分析。商品に対する顧客の関心や迷いの度合いに合わせて関連情報を提示し、購入を後押しするようなお買い得情報やクーポンを提供する。

 また、閲覧ページの遷移データと心理データの相関関係を分析することで、顧客がどのような心理で商品を比較・検討するかを把握。ECサイトの改善に活用できるか、有効性を検証していく。

【関連記事】
Momentum、企業ごとにブランドセーフティのロジック作成可能に 富士通が約12%のリスクを削減
富士通、ネット広告配信高度化の「AD Drive運用型マーケティングサービス」をリリース
リクルートコミュニケーションズと富士通、アニーリング技術を活用したマーケティング技術の開発へ
富士通グループの「ValueFront Analytics」、電子マネー利用に関する分析を可能に
富士通とサイトコア、デジタルマーケティング分野における協業を拡大

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5