SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

BOOKS(PR)

シニアにわかりやすければ誰にでもわかりやすい!『販促コピーとデザイン「売れる」公式50』発売

 どんなサービスや商品においても何かしらの販促物がなければ誰にも伝えられません。そのとき、より広く受け入れられるコピーやデザインにするにはどうすればいいのでしょうか。翔泳社から10月23日に発売した『販促コピーとデザイン「売れる」公式50』では、シニア目線を取り入れる重要性を解説します。

販促コピーとデザイン「売れる」公式50 売上UPの秘訣は「シニア目線」にある!』は、約3500万人以上にもなるシニア層に受け入れられる販促物の作り方を50個の「公式」として解説した1冊です。

 シニア層向けのサービスやマーケティングが注目される中、あまりうまくいっていないという声も聞かれます。しかし、シニア層にとってわかりやすい表現はどの世代の人にとってもわかりやすく、受け入れられやすいということ。本書では販促物を制作する際の基本から始め、シニアの心理を意識したポイントを説明していきます。

 また、特に気をつけたいのは、シニア向けのサービスだからといって「シニア向け」と明示すればいいのではありません。多くの人にとってその自覚はないため、いかに自分事として捉えてもらえるようにするかが重要です。より広い世代に向けて展開するのであればなおさらでしょう。

 シニアに自社の商品やサービスを選んでもらうための工夫は、実はどの世代に対しても最低限必要なテクニック。本書でぜひポイントを掴んでください。

目次

序章 全世代に届けるには、まずはシニアから!
1章 伝わる販促物作成の基本
2章 シニアの心理でコピーをつくる
3章 シニアの目でデザインする
4章 シニアも戸惑わないWebデザインと構造
5章 シニアに届くコンタクトポイントはどこ?
6章 さらにシニアを狙うなら! One to Oneマーケティング

販促コピーとデザイン「売れる」公式50

Amazon SEshop その他


販促コピーとデザイン「売れる」公式50 売上UPの秘訣は「シニア目線」にある!

著者:株式会社日本SPセンター シニアマーケティング研究室
発売日:2018年10月23日(火)
価格:1,598円(税込)

本書について

本書では50の公式で、わかりやすい&使いやすい販促物やWebサイトのコピーとレイアウトの基本を教えます。日本に約3500万人以上いる「シニア目線」を取り入れてみませんか?

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/10/23 07:00 https://markezine.jp/article/detail/29368