SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』デジタルクリエイティブの作法

ブランドメッセージの根源に立ち返り、コミュニケーションで広げる

 「『情報を届けたい人たち』と仲間になれれば、国境を越えるコミュニケーションも簡単になると思います」こう語るのは、国内クライアントのグローバルコミュニケーションも手がけるアサツーディ・ケイのクリエイティブ・ディレクター大塚智氏。大塚氏の手がけた『未来レストラン』や『Bons-AI』は企画自体の規模感以上の、デジタル的な「広がり」を感じさせる。国境に縛られない「広がり」を秘めたデジタルクリエイティブの可能性・今後の展望について話を聞いた。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2018年11月25日刊行の定期誌『MarkeZine』35号に掲載したものです。

小さなことでも、大きく広げられる

株式会社アサツーディ・ケイ クリエイティブ・ディレクター 大塚 智氏
東京藝術大学大学院修了後、デジタルとマーケティング領域の経験を背景に、映像/Web/イベント/PRなど、カテゴリーを横断した企画・クリエイティブ開発に従事。国内クライアントの海外コミュニケーション・外資クライアントの国内コミュニケーションなど、グローバルプロジェクトを数多くサポート。カンヌライオンズ、アドフェストなどでの受賞歴をもとに審査員としても活動。

――デジタルクリエイティブの強みはどこにあると考えていますか。

 小さなことでも、大きく広げられることはデジタルクリエイティブならではの強みだと思っています。

 最近だと『未来レストランいぶき』という事例があります。こちらは、JAXAが開発する地球温暖化の進行状況を観測する技術衛星「いぶき」のキャンペーンです。話題が薄れてしまい自分ごと化されなくなってしまった地球温暖化を改めて身近に感じてもらうべく、「地球温暖化がこのまま進んでしまった未来で私たちが食べるかもしれない料理」をテーマに、実際の観測データや研究データをもとにした創作料理を提供しました。席数はわずか20と、小規模なイベントでしたが、それがニュースとして、マス・デジタル問わず広がりました。

――デジタルクリエイティブというものの幅広さを、本連載の中で感じているのですが、大塚さんはどのように捉えていますか。

 デジタルクリエイティブには大きく分けて3つの領域があると思っています。1つ目は、エンジニアリングの側面から、デジタルでしかできない体験を作るもの。エンジニアのバックグラウンドを持つ方が、デジタルでしか表現できない体験やサービスをキャンペーンの一環として開発・提供しているケースが多いです。

 2つ目はソーシャルメディアのユーザーと一緒に話題を盛り上げていく、ファシリテーション型のデジタルクリエイティブです。SNSなどから世の中の空気を読み、クイックにレスポンスする力の長けたクリエイターの方が良く使いますね。

 3つ目は、デジタルコミュニケーションの環境を前提にして、広がりやすいモノ・コトを作るデジタルPRというやり方です。JAXAのプロジェクトもこれにあたります。

 その中で僕が得意としているのは、3つ目です。冒頭のとおり、小さなことを大きく広げられるというデジタルの強みを活かし、グローバルなコミュニケーション、キャンペーンを設計しています。また、そうしたグローバル展開に関するご依頼も多くいただいています。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
メッセージをどう帰結させるか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』デジタルクリエイティブの作法連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

道上 飛翔(編集部)(ミチカミ ツバサ)

1991年生まれ。法政大学社会学部を2014年に卒業後、インターネット専業広告代理店へ入社し営業業務を行う。アドテクノロジーへの知的好奇心から読んでいたMarkeZineをきっかけに、2015年4月に翔泳社へ入社。7月よりMarkeZine編集部にジョインし、下っ端編集者として日々修業中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

大木 一真(オオキ カズマ)

立教大学法学部を卒業後、大手インターネット広告代理店へ入社。広告代理店事業を経て、Webメディア「新R25」の立ち上げ、編集に携わる。その後、フリーの編集者・ライターとなり、現在に至る。政治やビジネス、マーケティング分野の取材・記事執筆を中心に、企業のオウンドメディアやソーシャルメディアの企画・編集...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/11/26 15:30 https://markezine.jp/article/detail/29746

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング