MarkeZine(マーケジン)

記事種別

人を動かすテレビの力

2018/12/25 14:45

 テレビに関するデータは増加しており、テレビCMをはじめとした施策の効果を検証できる環境が整いつつある。テレビCMを科学的に活用するにはどうすればいいのか?本稿では、最近のテレビCMやテレビ番組の活用傾向と、その効果を可視化した事例を紹介する。

※本記事は、2018年12月25日刊行の定期誌『MarkeZine』36号に掲載したものです。

データが後押しするテレビの力

 「テレビCMの効果はブラックボックスだ。費用対効果が透明にならないと投資できない。出稿を減らしている」という声がある。一方で、「テレビCMでのリーチには破壊力があり、コミュニケーション上外すことはできない。リーチ数を考えるとむしろ安い」という声もある。広告主によって、テレビの効果について見解は様々だ。

 テレビに関するデータは、IoT機器の普及により、徐々に集まり始めており、効果を検証できる環境が整いつつある。そのデータを利用することで、テレビCMが効く商材、効かない商材の明確化や、ブランド認知や購買へのリーセンシー効果といった目的による使い分けも進んできており、テレビCMを科学的に活用する広告主が増えている。

 現在のテレビCMの取引は、世帯から個人へ変わってきている途中ではあるが、いまだ世帯視聴のGRPで価格が決まることが多い。自社の商品ターゲットの視聴実態をよく知り、世帯視聴と比較して、広告を届けたいターゲットの含有率が相対的に高い広告枠を見つけ出せると、お得にテレビCMを利用できる。RTBが進んだWebの世界だけでなく、テレビの世界でも、テレビの効果をよく知り、データを駆使し、戦略的に利用している広告主が、テレビCMの通貨と効果のギャップを突くことで、競合他社より優位に立てる世界になりつつある。

 本稿では、最近のテレビCMやテレビ番組の活用傾向と、その効果を可視化した事例を紹介したい。


この続きは、定期誌『MarkeZine』のご購読者様のみ、ログイン後にお読みいただけます。

定期誌『MarkeZine』とは
マーケティングやビジネスで今必要な情報を、毎月厳選してお届けする年間サービスです。先進事例、キーパーソンの考え方、成果を出すノウハウなど、効率よく学ぶことができます。紙の雑誌をお届けするほか、以下の様な特典があります。
●プレミアムイベントに特別招待
●プレミアム記事がWebで読み放題
●「MarkeZine Stock」のデータが使い放題

定期誌『MarkeZine』の詳細をみる  (購読者の方)ログイン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5