SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

サイト改善ツール「SPARK」にパーソナライズ機能が追加 行動履歴に応じたシナリオ設定可能に

 Free Spark(フリースパーク)は12月17日、サイト内改善ツール「SPARK」において、「パーソナライズ機能」を追加した。

 近年、Webサイトにおいては、店頭と同じようなきめ細かな接客が求められており、アクセス回数や会員登録の有無などのユーザーセグメントに応じて、バナーの出し分けをするサービスが増加している。一方で、これらの施策で多く採用されるポップアップバナーは、情報を必要としないユーザーにとってはページ閲覧の阻害やストレスにつながってしまうという課題があった。

 今回追加された「パーソナライズ機能」では、サイトの訪問回数やページのアクセス回数、会員登録の有無など、ユーザーの行動履歴に応じた施策が行えるようになる。たとえば、「初回訪問ユーザーに(誰に)/キャンペーン情報を(何を)/〇日~〇日まで(いつ)/トップページ上で(どこで)/チャットボット形式で表示(どのように)」など、様々なシナリオの設定をすることが可能だ。

 なお同機能は、ポップアップバナーだけでなく、HTMLへの「コンテンツ差し込み」や「チャットボット」においても利用することができる。

 「SPARK」では、こうした機能を活用したシナリオ作成からチャットボットの配信、ヒートマップ分析に至るまで、あらゆる機能の一元管理に対応。同ツールは、全ページ共通のJavaScriptタグを入れるだけで利用でき、効果レポートも同じ管理画面から閲覧することができる。それぞれの機能を個別で利用した場合と比較し、運用工数が3分の1程度に軽減されたケースもある。

【関連記事】
ヒートマップ分析でWeb接客を最適化!Free Spark、サイト内改善ツール「SPARK」を強化
CCI、媒体社向けに「CCI MEDIA DOCK」をリリース サイト改善など5つの支援ツールを統合
パソナとWACUL、Webマーケティング支援で協業~AIによるサイト改善案を実行までサポート可能に
UNCOVER TRUTHとKaizen Platform、Web改善ワンストップサービスの提供開始
Kaizen Platform、サイト改善支援チームを提供する「特化型グロースハックチーム」開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2018/12/17 16:45 https://markezine.jp/article/detail/29994

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング