SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第53号(2020年5月号)
特集「テレビ活用、その進化と真価」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

シェア拡散されるブランドストーリー

2018年国内施策シェア拡散ランキング&ZOZO前澤社長の総額1億円お年玉から考える2019年予測

 最近シェア拡散されているコンテンツを取り上げ、その理由を分析し解説する本連載。今回は2018年の国内広告・プロモーションの「SNSシェア拡散ランキング」を発表し、2019年のトレンドも予測します。

2018年、国内広告・プロモーションの中で最もシェアされたのは?

 こんにちは。スパイスボックス 事業統括責任者の森竹アルです。その時々の時流に合わせ、各コンテンツがシェアされる理由を分析してきた本連載。過去の記事では、企業プロモーション事例のほか、映画や音楽、政治など幅広い分野のコンテンツがソーシャルメディア上でどのようにシェア拡散され、生活者からどのように反応されているのかを解説してきました(前回記事はこちら)。

 今回は、2017年も実施した、2018年における国内広告・プロモーションの「SNSシェア拡散ランキング」をお届けします。同ランキングでは、エンゲージメント数(※)を指標として、2018年に注目を集めた国内広告・プロモーションをまとめています。

※エンゲージメント数とは

 いいねやシェア、コメント、リツイートなどFacebookとTwitterでの総アクション数に加え、対象コンテンツについて取り上げた記事に対するSNS上における口コミなどの総数。スパイスボックスの独自ツール「THINK」にて計測。

 まずは下の図を見てください。こちらは、2018年に公開された広告・プロモーション施策(テレビCM・Web・グラフィックなど形式を問わない)のソーシャルメディア上でのエンゲージメントボリュームを計測し、ランキングにしたものです。

2018年国内広告・プロモーションのエンゲージメント数ランキングTOP10
2018年国内広告・プロモーションのエンゲージメント数ランキングTOP10
※出典:スパイスボックスのソーシャルリスニングツール「THINK」集計
(調査期間:2018/1/1~2019/1/1)
※「THINK」を利用し、著者がインターネット検索で抽出した任意の話題施策約500のエンゲージメント数を
集計してランキング化。今回は、国内におけるエンゲージメント数を調査対象にしたため、
主に海外で情報が拡散されたと思われるコンテンツは著者の判断にて除外。

 今回の記事では、ランキングに入った施策の中からいくつかピックアップして解説するのはもちろん、2019年のトレンド予想を行いたいと思います。

ファンの声への神対応で1位に「意識高すぎ!高杉くん」

 最もエンゲージメント数が高かったのは、auが2018年1月からスタートしている新テレビCMシリーズの「意識高すぎ!高杉くん」のエイプリルフール企画です。

 同企画は、神木隆之介さんが演じる男子高校生「高杉くん」が、漫画・アニメ「銀魂」の人気キャラクター「高杉晋助」に入れ替わるという内容。「高杉晋助」役の声優を務める子安武人さんが「高杉くん」の声をアテレコした特別限定テレビCMをオンエアしたほか、公式サイトや交通広告も「高杉くん」が銀魂の「高杉晋助」に入れ替わったバージョンになりました。

 これらの立体的な展開が話題となり、「銀魂」ファンを中心に一気にエンゲージメントを獲得していきました。

 この企画、実は2018年1月にテレビCMシリーズが始まったころから、「銀魂」ファンの間では既にSNS上で「高杉晋助とコラボできるのでは?」と話題になっていました。そうしたファンの期待に企業(公式)が派手に答えたことで、昨今SNS上でよく見る「公式が本気出してきた」文脈に乗って火がつきました。
 企業の独りよがりな発想ではなく、ファンの声に耳を傾けて派手にアンサーするという構図が大きなエンゲージメントを生んだと考えられます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
単なる好感度ではないキャスティングが必要に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
シェア拡散されるブランドストーリー連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

森竹 アル(モリタケ アル)

 スパイスボックス 取締役 事業統括責任者。2006年にスパイスボックス入社。プロデューサーとして大手自動車メーカー、食品メーカー、ゲーム会社等のデジタルマーケティングを支援。2013年、プロデュース局局長就任。すべてのクライアントワークを統括。2016年以降は、ソーシャルメディアを中心に「共感」と...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング