SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

モバイル激変時代に成功を勝ちとるための新法則が一冊の本に!


4月10日発売の『プロセス・オブ・モバイル・サクセス(企画・発案から制作・運営・SEMまで携帯サイトを成功に導く55のポイント)』をご紹介します。詳細は Amazon/ SEShop からどうぞ。

個人でも携帯ビジネスができる時代に

 携帯各キャリアの公式メニューの検索窓から一般サイトも検索できるようになったことで、携帯サイトのオープン化が急速に進みました。また携帯端末の標準化・統一化が進み、独自仕様による障害が少なくなってきています。PCサイトの開発に従事していた人はもちろん、個人でも携帯サイトの開設や、ビジネスを容易に立ち上げることができる時代となってきています。

 携帯サイトビジネスへの障壁が下がり、少ない予算、少ない人数、小さな市場で成立が可能となった一方、携帯サイト制作に関する書籍はビジネス一辺倒のものか、技術の詳細について解説するものが多く、その全体をわかりやすく説明している書籍はまだまだ少ないのではないでしょうか。携帯サイト制作の全体像を概説し、企画から開発までの流れとポイントをわかりやすく紹介したい。携帯サイトを企画する方から制作をする方まで、サイト作りとその成功のための参考、指針となる書籍を執筆したい。そんな目的から本書を執筆させていただきました。新たに携帯サイト制作に携わろうとされる方はもちろん、従来から携帯サイト制作に携わってきた方にも、また制作者から企画者まで役に立つ書籍としてまとめています。

 PCサイトと携帯サイト制作の間にある垣根が少なくなる一方で、やはり携帯サイトならではのサイト制作のためのコツが数多く存在します。本書ではそのようなコツを55のプロセスにまとめました。技術的なコツのほか、サイト制作を考慮する上で欠かすことができない携帯サイト独自のビジネス環境、ユーザー属性等、ビジネス面、企画面から考慮すべき点を解説しています。

 また第8章「ケーススタディ」では、携帯サイトを考える方にとって参考となるような異なる種類の大小10の携帯サイト制作の実例を紹介しました。多様化する携帯サイトの世界をご理解いただく上でのヒントとなるはずです。次ページでは、その中からR25式モバイルの記事を一部公開します。

プロセス・オブ・モバイル・サクセス概要

書名:プロセス・オブ・モバイル・サクセス
著者:美谷広海・藤川秀行・平島浩一郎・吉田直樹・ほか
定価:本体2,200円+税
発行:株式会社 翔泳社
刊行:2008年4月9日
ISBN:978-4-7981-1510-8









 本書の章立ては、下記の通りです。

  • 第1章 携帯サイトを取り巻く環境
  • 第2章 携帯サイトでのビジネスモデル
  • 第3章 携帯サイトのプランニング
  • 第4章 携帯サイト制作のチェックポイント【基本編】
  • 第5章 携帯サイト制作のチェックポイント【技術編】
  • 第6章 携帯サイトの運用
  • 第7章 SEM(モバイル・サーチエンジン・マーケティング)
  • 第8章 ケーススタディ

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
生活時間帯を意識したコンテンツの更新を行う(ケーススタディ1「R25式モバイル」)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

美谷 広海(ミタニ ヒロウミ)

1975年フランス生まれ。引越し歴14回。ゲーム、モバイル、ウェブとデジタルコンテンツの企画、プロデュースを行い、2007年10月から楽天株式会社国際開発室に勤務。ブログは『世界を巡るfoolon the web』 。メールは hiroumitani@gmail.com

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/04/07 20:25 https://markezine.jp/article/detail/3046

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング