SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ナビプラスのリタゲツールと「Sprocket」が連携 ニッセンの通販サイトでは109%の購入率増加も

 ナビプラスとSprocket(スプロケット)は、リアルタイムフォローメールサービス「NaviPlusリタゲメール」と統合Web接客プラットフォーム「Sprocket」の連携を開始した。

ニッセンが運営する通販サイト「Alinoma」での活用イメージ

 「NaviPlusリタゲメール」は、主にECサイトにおいて、カゴ落ちや新規会員登録の発生など接客が必要となるユーザーの瞬間を把握するソリューション。タイムリーにプッシュメッセージ・Eメールなどでリターゲティングを行うことで、ユーザーをサイトに連れ戻すきっかけを作り、売り上げの増加に貢献する。

 一方で「Sprocket」は、ユーザーのサイト上での行動データを蓄積し、各ユーザーに最適なタイミングでキャンペーンのオファーや商品のレコメンドなどをポップアップで行う統合Web接客プラットフォーム。

 今回、上記のソリューションとプラットフォームが連携することで、企業はECサイトを変更することなく、再来訪の促進および再来訪ユーザーの心情に合わせた精度の高いOne to OneのWeb接客が可能になった。

 なお、これまで「NaviPlusリタゲメール」を活用していたニッセンは、今回の連携によって、運営する通販サイト「Alinoma(アリノマ)」で109%の購入率増加を実現した(※2018年12月3日~2019年1月16日におけるリタゲメール経由再訪問ユーザーのスマートフォンでの購入率)。

【関連記事】
「どこどこJP」とWeb接客プラットフォーム「Sprocket」が連携!位置情報に応じた施策が可能に
サイト初来訪者の不安を解消!富士通グループ会社がWeb接客ツール「Sprocket」を導入
Web接客ツール「Sprocket」、AIによる自動スコアリング&コンバージョンの事前予測が可能に
サイト内CV率の向上に貢献!「保険相談ナビ」がWeb接客プラットフォーム「Sprocket」を導入
ビジコネ配信ツール「CA-Link」、リタゲとID連携機能を拡充

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/03/05 07:15 https://markezine.jp/article/detail/30532

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング