SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ(PR)

EC成長率150%超!BRUNOを運営するイデアインターナショナルがリニューアルを機に急成長したワケ

 ライフスタイルブランド「BRUNO」、トラベルブランド「MILESTO」などの企画・開発・販売を行っているイデアインターナショナルの成長が止まらない。EC事業の成長率は150%を超える。その成長の裏側にあるものとは。同社のEC事業を統括するEC事業部 部長の小林寛幸さんに話を聞いた。

前期比の売上高は1.5倍超え!
BRUNOやMILESTOなどを中心にECの売上が好調

株式会社イデアインターナショナル EC事業部 部長 小林寛幸さん
株式会社イデアインターナショナル EC事業部 部長 小林寛幸さん

 結婚祝いのプレゼントとして、20代から30代の女性を中心に人気を集めている商品がある。鋳物ホーローをイメージしたデザインが特徴的な、BRUNOのホットプレートだ。累計の販売台数は100万台を超えるこの商品を目にしたことがあるという人もいるのではないだろうか。実際に友人のギフトとして購入した経験がある人もいるかもしれない。

 1995年に時計を中心とした商品の開発・販売から事業がスタートしたイデアインターナショナル。ライフスタイルブランド「BRUNO(ブルーノ)」やトラベルブランド「MILESTO(ミレスト)」、オーガニックコスメブランド「Terracuore(テラクオーレ)」など、インテリアや生活雑貨に関する全7ブランドを展開。フランチャイズも含め、その店舗数は全国に50を超える。

 そんなイデアインターナショナルでは、4年ほど前より強化しているECの売上が急激に伸びている。2018年6月期の売上高は、前年同期比で58超の伸びを記録。小売事業のセグメントの売上に占めるECの割合も、26.9%にまで成長している。

BRUNO(ブルーノ)コンパクトホットプレート。結婚祝いなどギフトとしての人気が高い。

BRUNO(ブルーノ)のコンパクトホットプレート。結婚祝いなど、ギフトとしての人気が高い。

 2019年6月期における同社の連結売上高予想は140億円で、前期比の伸び率は55.3%となる見込み。文字通りの急成長と言えるだろう。ここまで大きく事業が成長している理由は何なのか。同社でEC事業を統括する小林さんは、「売上が伸びている商品に注力をしていること」だと分析している。ではなぜそういった商品にフォーカスした戦略を展開することができるようになったのだろうか。その裏側にあったのが、ECサイトのリニューアルである。

次のページ
「ebisumart」がものづくり好きな社風にフィット 決め手のひとつは「コストとのバランス」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

中村 直香(ナカムラ ナオカ)

編集部。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2019/05/08 11:00 https://markezine.jp/article/detail/30895

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング